*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

読書記録+本の感想

2018年2月の読みたい小説新刊発売予定日【紅霞後宮物語7巻】

2018年2月発売予定の読書予定の本の紹介です。最近なかなか読みたいシリーズ本の新刊が出ないんですよね。一時期は読みきれないほど発売されて、読むのが大変だったんで、新刊の発売日は違う月に分散して欲しいなんて思っていました。でも新しい小説が発売さ…

怪奇編集部トワイライト2巻 感想

怪奇編集部トワイライト2巻は1巻が割りとガチでホラーで怖かった思いがしたお話の続編です。でもどこかコメディ要素もあって安心する物語です。私は九州地方の方言ってかわいくて好きだなと思っているので、この作品ではいっぱい台詞で方言がでてきて和み…

戦力外捜査官5巻 破壊者の翼 感想

戦力外捜査官5巻破壊者の翼の小説がすごくおもしろかったです。よく考えられている話でした。ぜひ映画化して欲しいです!!前回の電車の事件の話の時も思いましたが、今回も映像栄えすると思います。そして今回も内容もすごく恐怖しちゃう内容で読み応えた…

2017年12月のおすすめ小説ランキング【陰陽課です4巻・美少年探偵団7巻・Wシリーズ7巻】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年12月の読書数は計7冊でした。先月に比べたら読書数が復活しましたが、例年に比べたらまだまだですね。毎年100冊から200冊ぐらいの小説を読むんですが、今年はなんと74冊しか読めませんでした。自分…

パドルの子 感想

「パドルの子」という小説は、イラストの雰囲気と青の色がすごくきれいだなと思って手に取った本なので、どういう内容か知らずに読み始めました。半分ぐらい読んだ時点では、まだ何が起こっているかよくわからないです。ファンタジー小説?というか主人公た…

お世話になっております。陰陽課です4巻 感想

「お世話になっております。陰陽課」シリーズは、京都の町で妖怪(異人)さんたちがふつうに安心して暮らせるように、京都の町の治安維持につとめる人外の公務員陰陽課の物語です。真面目な人間の公務員ちゃんと陰陽師のでこぼこコンビが活躍するお話です。…

QEDシリーズ 白山の頻闇 感想

今度のQEDシリーズは金沢です。QEDシリーズはこれで何冊目なんでしょうか?巻末(?)を見てみたら、毒草師シリーズもQEDシリーズに含まれちゃっていますね。別シリーズだと思っていたのでちょっとびっくりしました。 いままでのおさらいはこちらか…

Wシリーズ7巻 ペガサスの解は虚栄か? 感想

人間とロボット(ウォーカロン)の近未来のお話です。実際に起こりそうな感じで恐怖を感じますね。前回、人間関係に変化が訪れそうって感じで終わっていましたよね。あの人たちの関係性はどう変わるんでしょうか?そして1番気になる「名前を言ってはいけな…

2018年1月の読みたい小説新刊発売予定日【0能者ミナト11巻・忘却探偵10巻・六道先生の原稿は順調に遅れています2巻】

2018年1月発売予定の読書予定の本の紹介です。最近読みたい小説の続編がなかなか発売されなくて悲しいです。だからといって一気に読みたい本がたくさん発売されるのも、読む時間がなくて困るんですけどね(笑)新しいシリーズ物の小説も探してみようかなと思…

フラワード弔い専花、お届けします。感想

フラワード弔い専花、お届けします。この小説は初めて読む作家さんの作品です。毎回初めて読む小説家さんの本を読む時は緊張します。自分に合わなかったらどうしよう?とか、話がつまんなかったらどうしよう?とか考えちゃうんですよね。読書時間が無駄にな…

美少年探偵団7巻 美少年椅子 感想

今回の美少年探偵団7巻の表紙は私の好きな不良くんこと袋井満くんですね。と指輪創作くんとあとひとりは誰でしょうか?札槻嘘くん?それとも新キャラさん?美少年探偵団のピンチ!?美少年探偵団の存続が危ぶまれる!? 今までのおさらいはこちらから ■美少…

2017年11月のおすすめ小説ランキング【浜村渚の計算ノート8巻・彩菊あやかし算法帖1巻・警視庁いきもの係1巻小鳥を愛した容疑者】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年11月の読書数は計3冊でした。びっくりしました。えっ11月はこれだけしか読んでないの?自分でもびっくりですよ。すごくたくさん読む時はひと月に40冊以上小説を読む私が3冊し読んでない!?慌てて…

彩菊あやかし算法帖1巻 感想

彩菊あやかし算法帖1巻の小説は読みやすくておもしろかったです。数学的な内容は私には難しいのであんまり理解できていないですけどね(笑)算数(和算)で妖怪退治をする時代物のお話でした。同じ作者の青柳碧人さんの「浜村渚の計算ノートシリーズ」と同…

2017年12月の読みたい小説新刊発売予定日【算額タイムトンネル・三千世界の鴉を殺し21巻】

2017年12月発売予定の読書予定の本のご紹介です。寒い季節になるとコタツに入っての読書がとてもはかどります。でも指先はとっても冷たいんですよね。これが解消されるともっと読書が楽しくなるんですけどね。手袋をすると本のページはめくりにくいんですよ…

浜村渚の計算ノート8巻 虚数じかけの夏みかん 感想

浜村渚の計算ノートシリーズも8冊目ですね。この物語の終着点ってどこなんでしょうか?学校の授業に数学の教科が戻ってくることなんでしょうか?それとも数学の楽しさが伝わればいいのかな?何はともあれ、みんなが数学のすばらしさに気が付くといいですよ…

警視庁いきもの係1巻 小鳥を愛した容疑者 感想【ドラマと原作小説の違い】

「小鳥を愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係シリーズ」という小説はドラマ「警視庁いきもの係」の原作小説です。実は私、ドラマ化が決まる前にこの小説が気になって読もうと思って手にとったことがあります。ですが、なんだかんだで忙しくて読めなかった…

2017年10月のおすすめ小説ランキング【絶対城先輩の妖怪学講座10巻・神様の御用人7巻・百鬼一歌・異世界食堂4巻】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年10月の読書数は計6冊でした。私としては全然、読書をしていませんね。なんだかんだで忙しくて、読書する時間がないんですよね。残念です。みなさんどうやって時間のやりくりをしているんでしょうか…

異世界食堂4巻 感想

異世界食堂の4巻を読む前にアニメの放送が終わってしまいました。4巻の内容はアニメで描かれていたものはあるんでしょうか?ないんでしょうか?楽しみです。そしてアニメの2期も放送されないかなと密かに期待して待っています。 いままでのおさらいはこち…

紅霞後宮物語0-2巻 運命の胎動 感想

紅霞後宮物語の0巻の続編が出るとは思っていませんでした。うれしいですが、なんて数えればいいんでしょうか(笑)0巻の2巻。外伝の2巻?表紙に文林さんっぽい人がいるので、今回は彼の登場もあるんでしょうか?活躍シーンもありますか?期待してもいい…

百鬼一歌 月下の死美女 感想

私の中で小説家の瀬川貴次さんと言えば、平安時代と妖怪系の不思議な話という印象が強いです。今回の小説もそんな雰囲気でよい感じです。主人公は「ばけもの好む中将」の中将さんと宗孝さんの間を取ったような性格でしょうか?ちょっと変わった感じで、ちょ…

2017年11月の読みたい小説新刊発売予定日【バビロン3巻・カブキブ7巻・戦力外捜査官5巻】

2017年11月発売予定の読書予定の本のご紹介です。秋になるとやはり読書の秋で、読書が進みます。やっぱり季節的にちょっと涼しくなってきたぐらいが本を読む環境にはちょうどよいですよね。今月も続きをすごく楽しみにしていた小説が発売されるのでうれしい…

ブギーポップ21巻 ブギーポップ・ダウトフル不可抗力のラビット・ラン 感想

ブギーポップ・ダウトフル不可抗力のラビット・ランはブギーポップシリーズの多分21冊目にあたる小説だと思います。私が数え間違えていたらごめんなさい。何せ本の数が多くなりすぎて数えるのも一苦労です。今回のブギーポップ・ダウトフル不可抗力のラビッ…

神様の御用人7巻 感想

神様の御用人7巻、今回は月読命(つくよみのみこと)のお話ですね。ほんとど昔の資料だと古事記1ヶ所ぐらいにしか登場していないと言われている神様なんですよね。天照大神とスサノオノミコトと一緒に産まれた神様なのにねと思うとすごく不思議ですよね。…

絶対城先輩の妖怪学講座10巻 感想

絶対城先輩の妖怪学講座ももう10冊目なんですね。確か前回すごくおもしろくて、そしていて最後は悲しくて、えっ本当に!?嘘だと言ってよ!!っていう終わりだったような気がします。続きがすごく気になっていました。今度の白澤(はくたく)編の裏で糸を引…

2017年9月のおすすめ小説ランキング【異世界食堂・妖琦庵夜話6巻・神さまの百貨店】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年9月の読書数は計5冊でした。私としては全然、読書をしていませんね。9月になったとは言え、まだまだ暑い日々が続いて、読書に集中できなかったりしました。それとドラクエ11をプレイしたり、キ…

神さまの百貨店 たそがれ外商部が御用承ります。感想

初読みの作家さんの小説です。百貨店で働く人々と、神様やあやかし(妖怪)たちのお話です。ほのぼの雰囲気でなんかいい感じです。私好みなイケメンも出てきますしね(笑)雰囲気的には「お世話になります。陰陽師課シリーズ」や「出雲新聞編集局日報 かみさ…

異世界食堂3巻 感想

それにしても前から気になっていましたが、異世界食堂における店主、店長、マスターがややこしいですね。誰のことを言っているのか考えてしまいます。それにしても異世界の住人のみなさんは、ほとんど自分の好みの食事ばっかり食べていますね(笑)そしてど…

2017年10月の読みたい小説新刊発売予定日【浜村渚の計算ノート8巻・Wシリーズ7巻・美少年探偵団7巻】

2017年10月発売予定の読書予定の本のご紹介です。折角の読書の秋で、読書がはかどるいい季節になったというのに、私の読みたい小説の発売日情報があまりないんですよね。これからどんどん増えるといいなと思うんですが、どうなんでしょうか?私の好みの小説…

異世界食堂2巻 感想

いつ読んでも異世界食堂はお腹がすく小説です。お腹がすいている時は、本当に辛いし(笑)お腹がいっぱいでもまた食べたくなってよだれが出てくるという、いったいいつ読んだらいいのかと悩んでしまう、おいしい小説です。 いままでのおさらいと3巻以降の感…

異世界食堂1巻 感想

異世界食堂の小説は、アニメ化が決まる前から存在は知っていました。というか小説になる前の段階の、web小説時代から存在は知っていました。ですが、WEB小説は全般的にあまり私と相性があわないので、倦厭していたんですよね。でもアニメなら見てみようかな…

プライバシーポリシー