*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

読書記録+本の感想

異世界食堂2巻 感想

いつ読んでも異世界食堂はお腹がすく小説です。お腹がすいている時は、本当に辛いし(笑)お腹がいっぱいでもまた食べたくなってよだれが出てくるという、いったいいつ読んだらいいのかと悩んでしまう、おいしい小説です。 いままでのおさらいはこちらから ■…

異世界食堂1巻 感想

異世界食堂の小説は、アニメ化が決まる前から存在は知っていました。というか小説になる前の段階の、web小説時代から存在は知っていました。ですが、WEB小説は全般的にあまり私と相性があわないので、倦厭していたんですよね。でもアニメなら見てみようかな…

妖琦庵夜話6巻 花闇の来訪者 感想

毎回、妖琦庵夜話は辛くて重い話が多いですが、今回も重苦しい話でした。精神的に結構、きます。なんか将来に希望が持てないという気持ちになっちゃいました(笑)楽しい人生を送りたい!!ですが、まだいつもの巻よりは、まだ心が楽だったかなという気もし…

月刊少女野崎くん9巻 感想

月刊少女野崎くんは私の中でいま一押しのギャグ漫画です。絵がきれいで笑える恋愛要素薄めの4コマ少女漫画で大好きです。安心して読めて、人にお薦めできる漫画です。発売されてすぐ購入したのに、全く読む暇がなかった月刊少女野崎くん9巻。あんなに発売…

2017年8月のおすすめ小説ランキング【ばけもの好む中将6巻・探偵が早すぎる下巻・製造人間は頭が固い】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年8月の読書数は計5冊でした。私としてはびっくりするぐらい本を読んでいませんね。ドラクエ11をプレイしていたのと、あまりに暑すぎて本を読む気になれなったというのが原因ですね。来月からは読書…

六道先生の原稿は順調に遅れています 感想

小説家の峰守ひろかずさんと言えば妖怪小説だと私は思っています。今回は妖怪がどのように小説の原稿に関わってくるんでしょうか?と本を読む前からとても楽しみでした。真怪という名の本当の妖怪さんたちなのか考えるだけでわくわくします。

2017年9月の読みたい小説新刊発売予定日【紅霞後宮物語外伝2巻・陰陽課4巻】

2017年9月発売予定の読書予定の本のご紹介です。私の読みたい小説なので好みは偏っています(笑)ミステリーとか不思議系で先を考えならがら読める話が好きです。青春系とか家族系のお涙頂戴系は苦手です。恋愛物も先を考えて読むものではないので苦手ですね…

製造人間は頭が固い 感想

製造人間?ずっと人造人間とか合成人間だと勘違いしていました。勝手に題名から統和機構のお話かなと思っていたんですが、違うんでしょうか?楽しみです。期待が高まります。今度はどんな物語でわくわくさせてくれるんでしょうか。

探偵が早すぎる(下)感想

すごくおもしろくて続きを楽しみに待っていた探偵物の下巻です。あまりにも探偵が優秀すぎて題名の通り早くてびっくりするお話です。キャラもたっていてすごくおもしろかったです。軽い感じで読み進められて、爽快感もあるのでおすすめです。 今までのおさら…

薬屋探偵怪奇譚8巻 君にまどろむ風の花 感想

妖怪さんたちが謎を解いていくお話です。いつの間にか2シリーズの8作目ですね。それなのに私はやっぱり「リベザル」の発音の仕方がわかりません(笑)心の中では「リベザル」と「リ」に力を入れて読んでいますが、種族的にはお猿さんでしたっけ?それなら…

kindleのセール情報を分かりやすく一覧にまとめてみたよ

kindleのお得なセール情をまとめてみました。キンドルって結構お得な50%オフとか70%OFFセールとかをやっているんですよね。でもなんだかセールの割引情報が上手に探せなかったり、気が付いた時にはセールが終わっていたりして悔しい思いをします。なの…

ばけもの好む中将6巻 美しき獣たち 感想

時は平安時代、ばけものや妖怪のたぐいが3度の飯より大好きな中将さんと、それにふりまわされる主人公の物語の6冊目です。本物の妖怪は出てきませんが、毎回すごく楽しいのです。主人公の12人もいるお姉さんたちも、それぞれ魅力的です。今回はどのお姉さ…

2017年7月のおすすめ小説ランキング【トリプルゼロの算数事件簿・青白く輝く月を見たか?・紅霞後宮物語】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年7月の読書数は計12冊でした。7月はゲームプレイの予定も特になく(笑)読書が捗りました。でも8月はドラクエ11があるのでまた小説を読む時間はとれないかもれですね。 本が発売されたのが7月で…

Wシリーズ6巻 青白く輝く月を見たか? 感想

近未来の人間とウォーカロンのお話です。今回はウォーカロンではなく、人間とAI(人工知能)のお話がメインだったように思います。人類が行き着く先ってどこなんでしょうかね。今回もいろいろと考えさせられるお話でおもしろかったです。 今までのおさらい…

紅霞後宮物語6巻 感想

紅霞後宮物語は毎回歯切れがよく、楽しく読んでいたんですが、正直前回の5巻の後味が悪くって、6巻を読み始めるのがものすごく苦痛でした。今度はおもしろいよね?大丈夫だよね?いつものように軽快な感じでおもしろい感じに戻っているよねと不安になりつ…

スマホを落としただけなのに 感想

私がスマホを落としたわけではありません(笑)「このミス・このミステリーがすごい」大賞シリーズということで期待が高まる小説です。題名からしてとんでもない不幸に見舞われそうですね。スマホを落としただけのに。きっと普通じゃ考えられないような恐怖…

カカノムモノ(加加呑ム者)感想

神様と御用人シリーズとはまた違った神様のお話で、おもしろかったです。ダークな設定とか主人公たちのキャラは好きだったんですが、お話上、人の闇の部分みたいなのを読まなくちゃいけなくて、それが精神的に辛かったですね。人の感情の負の部分を連続して…

神様ゲーム 感想

一応子ども向けのミステリーランドという媒体で発売された本を読んだんですけど、これ子どもの時に読んだら絶対トラウマになるよ!!うなされるよ!!というレベルのお話でした。子ども少年少女探偵団が活躍して、謎を解いていくお話だと思っていたので、い…

トリプルゼロの算数事件簿5巻 感想

トリプルゼロの算数事件簿の新刊が出ていたことに全く気が付いていませんでした。児童書のコーナーはなかなか見に行くことがなく素通りしちゃうからですよね。いつも気をつけようとは思っているんですがついつい忘れちゃいますね。ということで小学生が算数…

2017年8月の読みたい小説新刊発売予定日【神様の御用人7巻・百鬼一歌・絶対城先輩の妖怪学講座10巻】

2017年8月発売予定の読書予定の本のご紹介です。今のところ情報が少なくて悲しいです。今のところ読みたい小説が数冊しかないですね。でも夏の暑い時に読書しようって気がなかなか起きないのも事実なので、これぐらいがちょうどよいかもしれませんね。それに…

行動心理捜査官・楯岡絵麻5巻 ストレンジ・シチュエーション 感想

相手の仕草から嘘を見破って犯人に自供させちゃう女性刑事さんが活躍するシリーズの5冊目です。 いままでのおさらいはこちらから ■行動心理捜査官・楯岡絵麻1巻 サイレント・ヴォイス 感想 ■行動心理捜査官・楯岡絵麻2巻 ブラック・コール 感想 ■行動心理…

ワンピースの漫画コミックが1巻から60巻まで無料で読めるよ【楽天kobo電子書籍で8月4日まで】

▶『ONE PIECE』1-60巻が無料! 何気なく楽天のページを見ていたら、ワンピースが1巻から60巻まで無料で読めるよというお得な情報をゲットしました。7月22日から開催していたキャンペーンだなんて知らなかったですよ。全然気が付いていませんでした。すぐ…

行動心理捜査官・楯岡絵麻4巻 サッド・フィッシュ 感想

相手の仕草から犯人の嘘を見破って、自白に追い込む女性刑事さんのお話です。それにしてもエンマ様こと楯岡絵麻さんの魅力が段々と巻を経るごとに失せてきちゃっています。1巻ではちょっと年上のモデル級の美人刑事さんって感じで憧れを抱ける感じだったん…

行動心理捜査官・楯岡絵麻3巻 インサイド・フェイス 感想

女性刑事さんが行動心理学を用いて犯人を落としていくシリーズの第3弾です。今回もおもしろかったです。もしこれが本当にできちゃうような世界だったら、背筋がぞわぞわとしちゃう怖い話ですよね。 いままでのおさらいと4巻以降の感想はこちらから ■行動心…

行動心理捜査官・楯岡絵麻2巻 ブラック・コール 感想

行動心理捜査官、楯岡絵麻、通称エンマ様が行動心理分析で事件を解決するお話です。軽くさくさく読めて、おおというような展開も入っているのがいいですね。しかも絵麻さんより先にこうだよ!!って気が付いてしまって、これはこういうことだよ。きっとこう…

行動心理捜査官・楯岡絵麻1巻 サイレント・ヴォイス 感想

行動心理捜査官・楯岡絵麻シリーズ1巻サイレント・ヴォイスを読みました。同じ作者佐藤青南さんの「オイディプスの檻 犯罪心理分析班」がおもしろくて気に入ったので、行動心理捜査官シリーズも読んでみることしました。 オイディプスの檻と2巻以降の感想…

月刊少女野崎くん9巻が8月22日発売予定だよ。今からとても楽しみで待ち遠しい

私が久しぶりに、はまったギャグ少女漫画「月刊少女野崎くん」です。アニメを見てすごく絵が綺麗だし、話もおもしろいなと思って単行本を一気に買っちゃいました。公式ファンブックも買ってしまうぐらい、みごとなはまりっぷりに自分でも驚いてしまいました…

2017年6月のおすすめ小説ランキング【探偵が早すぎる・忘却探偵・犯罪心理分析班・人類最強】

毎月恒例の読書記録+おもしろかった小説の紹介です。2017年6月の読書数は計4冊でした。びっくりするぐらい6月は小説が読めませんでしたね。まぁPS4のイース8というゲームに熱中していたからという正当な(?)理由があるんですけどね(笑)イース8が…

忘却探偵9巻 掟上今日子の裏表紙 感想

表紙の今日子さんが囚人服姿?なんかおもしろそうな予感です。まさに題名のとおりに表紙カバーの裏表紙にも凝っていてすごいですね。というわけで忘却探偵シリーズも9冊目です。本の帯についている「初めまして容疑者の掟上今日子です」ってもうそのキャッ…

最強シリーズ3巻 人類最強のときめき 感想

「人類最強の請負人」哀川潤さんが活躍シリーズの第3弾です。今回もすごくおもしろかったです。人類最強って言ってますけど、もう彼女が人間なんて思えないです(笑)そういう理不尽さが許せない人は、楽しめないかもしれないお話の数々です。またまた今回…

プライバシーポリシー