*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

第21回電撃大賞大賞受賞作 φの方石-白幽堂魔石奇譚- 感想

φの方石 ―白幽堂魔石奇譚― (メディアワークス文庫)

 

方石の世界観はよかったですね。ちょっとわかりづらいところがあったりして、もったいないなぁと思いました。方石の設定として何ができて何ができないのかが明確ではなかったのがわかりづらかったかなと。どれがオリジナルでどれが複製なのか、それに何が出来て何ができないのかとか。名前を聞いただけでどんな能力があるのかとか。そんなことができるのにこれは無理なの?みたいな…またどれが盗まれてどうしたのかとか。部分装着の話も装着する側の技術もどの程度必要なのか?とかもうちょっと丁寧に説明してあればよりおもしろかったのではないかと思います。

 

 

登場人物もせっかくいろいろ素敵な人が出ているのでもうちょっと活躍させてあげればよかったのになって感じですね。話ももうひとひねりふたひねりあって、えっ最後そうなるの!?とかいい意味で予想を裏切るような展開になると格段におもしろくなっただろうなと思います。

 

 

それともうちょっとあの方石に意味があったり、活躍の場面があればよかったなと思います。あとだめって言われたことをやってしまうヒロインはいただけない。それで事態がいい方向にむかえばよかったんですがそうじゃないのはもったいない。あと敵さんたちにもうちょっと美学なりなんなりがあればもっとおもしろくなったんだろうなと。実はラスボスがあの人だとかいう展開だとさらにおもしろくなりそう。

 

新人さんみたいなので今後に期待します。

 

途中、宵呼ちゃんが瑛介に憑依されている(笑)彼がいないはずの場所で急に瑛介の名前が登場し女の子言葉でしゃりはじめてびっくり。まぁたまには登場人物の名前を間違えちゃうそんなこともありますよね(笑)

 

 

レインコートを纏える方石はないんでしょうか???あったらぜひ欲しいですね。防護服とかもあれば便利だなぁと思ったりします。

プライバシーポリシー