*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

とある飛空士への恋歌 1巻 感想

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

 

すごくおもしろかったです。最近、自分涙もろくなっているなぁと思いつつ、序盤はカールに感情移入して悲しかったですね。義家族がいい人たちで本当によかった。

 

BASARA

物語の展開としてはBASARAな感じですか。ゲームの戦国BASARAではなく、田村由美さんのマンガのBASARAな展開ですか。すごい葛藤が渦巻きそうな予感ですね。その事実を知ってしまった時、どうなってしまうんでしょうか。怖いけど続きがすごく気になります。そしてすごくおもしろそうです。手に汗握る感じなんでしょうか。やはり憎まずに許す感じになるんでしょうか。そういう恋愛的な意味でこの先アリエルに感情移入すると辛くなりそうな予感ですね。

 

ラーメンが食べたくなってきました

なぜかラーメンが登場してきて食べたくなってしまいました(笑)

 

関連記事

とある飛空士への追憶 感想

とある飛空士への恋歌 2巻 感想

 

プライバシーポリシー