*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

とある飛空士への夜想曲 下巻 感想

とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)


もう最初から悲しい予感しかしませんよ。この巻は。

 

あまり深く知らない人物が散っていくのも悲しいですけど、やっぱり予科練時代をもっと丁寧に描いてあればきっと涙を流せたんだろうなと思うと、ちょっと残念でした。


あと波佐見さんいい人だった。ユキちゃんと千々石は彼に感謝しなくては。最後の波佐見さんと千々石のやりとりもよかったです。千々石がかっこよかったですね。

 

海猫さんとの決着がまさかそうなるとは!!うん、これはどっちに感情移入して読むかでだいぶ印象が違うのではないかと…


まぁ、結末はある意味落ち着くとこに落ち着つきましたよね。はじめから結果がこうなることがわかっていただけになんか切ないですよ。


なぜ千々石はビーグルのイラストを誰が描いたか、はぐらかしたんだろう。なんか意味があったんでしょうか?ちょっと不思議なやりとりがありました。気になります。

 

■関連記事

とある飛空士への夜想曲 上巻 感想

とある飛空士への誓約 1巻 感想

 

プライバシーポリシー