*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

神様の御用人4巻 感想

神様の御用人 (4) (メディアワークス文庫)

 

以前、短編の集まりではなく、自分としては切羽詰って世界を救わなきゃぐらいの勢いの長編が読んでみたいですね。と書いていたところ今回の4巻はまさにその長編でした。うれしいです。世界の危機は訪れませんでしたが(笑)

 

5巻以降の感想はこちらから

神様の御用人5巻 感想

神様の御用人6巻 感想

神様の御用人7巻 感想

 

歴史ミステリー風味

さらに今回は歴史ミステリー風味の謎解きでとっても自分好みでした。古代大好きだし謎解きも好きなので、とっても楽しめておもしろかったです。ただあの人が実は黒い人なんじゃと思った自分の心の方がひどかったと(笑)どうしても黒幕を求めてしまう。次巻こそは世界の危機が訪れて世界を救わないかなぁ(笑)

 

※少しだけネタバレを含む感想です

 

ずっと黄金って読み方がわからず「おうごん」って読んでました。今回冒頭のキャラ紹介で思いっきり「こがね」って振り仮名がついていました。それでも私の心の中ではずっと「おうごん」って読み続けました。自分の中でイメージが出来上がっていてもう今更覆せません。というかもう意地です(笑)もういっそのこと、もふえもんさんって読(呼)んだ方がいいんだろうか。

 

 

あとは孝太郎くんと穂乃香ちゃんがもっと活躍するといいなぁ。というか良彦と一緒に3人+1匹(1柱)で力を合わせて日本を救って欲しいです。次巻も楽しみです。

 

関連記事

神様の御用人5巻 感想

 

プライバシーポリシー