*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

折原臨也と、夕焼けを 感想

折原臨也と、夕焼けを (電撃文庫)

 

デュラララのスピンオフ作品、折原臨也がメインのお話です。おもしろかったです。デュラララの最終巻で彼がどうなったのかすごく心配でしたが、相変わらずな彼でした。というよりもっとパワーアップしている感じです。ゲスいです。ゲスに磨きがかかっております。

 

今までのおさらいと2巻以降の感想はこちらから

デュラララ!!SH×4巻 感想

折原臨也シリーズ2巻 折原臨也と、喝采を 感想

 

臨也って場を混沌の渦に巻き込む破壊の神だよね

ちょっかいださなくてもいいところにちょっかいだしてそこを予定よりはやく破滅に導いていく、はた迷惑な人ですよ。物語として読む分にはいいですけど、もしこんな人が身近にいたら嫌だろうなぁ。ちょっとシズちゃんの気持ちがわかったような気がします(笑)

 


で、臨也には罪悪感とかは本当にないんでしょうか?でもそうするとあの子たちが側にいる意味はなんなんでしょう?

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です

 

 

シズちゃんい会いたい

足かせがなく自由奔放な臨也もいいですけど、やっぱりシズちゃんとの掛け合いがみたくなっちゃいます。臨也が池袋に戻らないかなぁ。もしくはシズちゃんが旅に出ないかなぁ。

 

 

そして相変わらずいろいろなキャラがいい味出していておもしろいです。本当にキャラ作りが上手な作家さんですよね。そしてまた誤字をみつけてしまいました(笑)

 


臨也シリーズ化決定みたいなので、次巻もとても楽しみです。あとがきにあったハイジャック事件とかすごく気になるんですが、その物語は本にならないんでしょうか?案だけですか?物語になることを期待しています。

 

関連記事

折原臨也シリーズ2巻 折原臨也と、喝采を 感想

 

プライバシーポリシー