*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

泥棒だって謎を解く 感想

泥棒だって謎を解く (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

おもしろかったです。泥棒が主人公ってどうなんだろうって思いながら読み始めたんですが、よかったです。いろいろと人としてどうなんだろうって思うところもあって(笑)泥棒稼業には感情移入ができないのでそこんとこはあれなんですけど、次はどうなるの?どうなるの?って続きが気になって、さくさく一気に読んでしまいました。

 

 

本当にそれでいいの?的なびっくりな展開があったり、いろんな事件が最後はきれいにつながっていておもしろかったです。

 

この小説は「このミステリーがすごい大賞」から出た作品だったんですね。どうやら大賞ではないみたいですけど。最近「このミス大賞」をチェックしていなかったので、これからはまたチェックしていこうと思います。

 

■関連記事

演奏しない軽音部と4枚のCD 感想

 

プライバシーポリシー