*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

警視庁刑事部捜査零課 レイカ3 感想

レイカ (3) 警視庁刑事部捜査零課 (メディアワークス文庫)


最終巻でした。大和くんが主人公だと思っていたんですけど、今回そんなに語り部でもなく活躍もそんなになくてちょっとで残念でした。今回はお決まりの宝福大和さんの名乗りのくだりもなかったですしね。パターン化するのかと思いきや、で残念です。つらぬいて欲しかったです。

 

 

 

もうちょっとわおーと思う真相かと思ってたんですけど、まぁきれいにまとまっていてよかったです。

 

碇さんが主人公でもよさそうな感じでしたよね(笑)なにげに司さんでもよさげ。もっとふたりのダークな感じも見てみたかった気もします。

 

もっと続いてもよかったなと思う物語だったので、これで完結なのはさびしいです。続きがでないかなと密かに期待しておきます。たまに復活することもありますからねということで、続編希望します!!

 

それと課長と刑事部長の話とかもっとみたかったなぁ。何気に関西弁の刑事部長が気になります。頂点にのしあがって警察を内部から改革して欲しいです。

 

他の刑事物小説の感想

石の繭 警視庁捜査一課十一係 警視庁殺人分析班 感想

戦力外捜査官4巻 世界が終わる街 感想

ドS刑事 桃栗三年柿八年 4巻 感想

 

プライバシーポリシー