*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

夜が運ばれてくるまでに 感想

夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)

 

小説だと思っていたら、絵が可愛い詩みたいな絵本みたいな感じでした。絵がとってもほんわかしていてかわいくて綺麗なんですが、内容は素直で純粋な感じではありませんでした。

 

2巻以降の感想はこちらから

答えが運ばれてくるまでに 感想

 

世界の捉え方

ちょっと斜に構えた感じで世界を見ているって感じですかね。間違ってはいないんですけど、心にどす黒くぐさっとくるのもあったりと、うーんどうなのかなって感じですね。

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です

 

まぁ世の中なかなか純真無垢なままでは生きていけませんからね。もっと素直な心で生きられる世界にならないかなぁ。のんびりおだやかに楽しく生きたいなぁ。他人の心の裏側とか知りたくないなぁと。みんなが仲良くなれる世界になって欲しいんだけどなぁ。そして人間の心がみんなきれいだといいのになぁ。

 

 

関連記事

答えが運ばれてくるまでに 感想

 

プライバシーポリシー