*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

その可能性はすでに考えた 感想

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

 

メフィスト賞受賞のこの作者さんの1作目「恋と禁忌の述語論理」を読んだ後だったので、探偵さんの人となりや背景がわかっていたので物語にすんなりと入っていけました。個人的には××を証明することなんてできないと思っていますけど、最後はどうやって物語に決着をつけるんだろうととても楽しく読むことができました。

 

関連小説と2巻以降の感想はこちらから

恋と禁忌の述語論理(プレディケット) 感想

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた2巻 感想

 

新たなタイプの探偵さん登場

おもしろかったです。また新たなタイプの探偵さん登場って感じですね。犯人を捜すのではなく、可能性をつぶしていくといった趣向です。しかも目的は犯人探しではないというところも斬新です。そしてさらにそれで対決していくことになるのもびっくりでした。

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です

 

前作同様読んでいて「?」って思ったところも最後にちゃんと解説されていてよかったです。キャラはネタっぽい人たち満載でラノベやマンガといった感じでイメージしやすくとっつきやすい感じで好きです。

 

 

この調子で「恋と禁忌の述語論理 」に出ていた他の探偵さんたちの物語も小説になるとうれしいなと期待しています。

 

関連記事

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた2巻 感想

 

プライバシーポリシー