*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

風の聖痕(スティグマ)Ignition(短編集)1巻 綾乃ちゃんの災難 感想

風の聖痕Ignition1 綾乃ちゃんの災難<風の聖痕Ignition> (富士見ファンタジア文庫)

 

ふだん小説は短編より長編が好きなんですが、風のスティグマは短編集の方が好きだったりします(笑)テンポがとてもいいですし読んでいてすかっとする内容が多いので楽しいです。ラブコメ要素もふんだんに取り入れられているのでどきどきしちゃいます。

 

今回は和麻と綾乃ちゃんコンビが活躍するお話ばかりだったのですごく楽しかったです。やっぱり2人のやりとりが好きです。横柄な態度の和麻にすねちゃう綾乃ちゃんみたいな構図がかわいいです。安心します。もちろんそれには和麻の本心とかが伴わないとすべてが台無しですけどね。ただのいじわるなだけの男では嫌ですよ。

 

というわけで、いつも綾乃ちゃんが和麻にふりまわされっぱなしでかわいそうな気がしていましたが、和麻の気持ちがわかると霧香さんじゃないですがごちそうさまって気分ですね。なんかほほえましくなっちゃいました。特にホーンテッドホリデーの「あいつで遊んでいいのは俺だけだ」とかいう台詞は、にやにやきゅんきゅんしちゃいました。「綾乃の声の下になら~」も好きなんですが、作者さんのあとがきの余計な一言ですべてを台無しにしちゃっていてもったいないです(笑)

 

■関連記事

風の聖痕(スティグマ)5巻 緋色の誓約 感想

風の聖痕(スティグマ)Ignition(短編集)2巻 僕だけのマドンナ 感想

 

プライバシーポリシー