*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

風の聖痕(スティグマ)Ignition(短編集)3巻 煉くんの受難 感想

風の聖痕Ignition3 煉くんの受難<風の聖痕Ignition> (富士見ファンタジア文庫)

 

今回もすごくおもしろかったです。短編集の第3弾です。今回は「煉くんの受難」っていう題名だけあって煉くんがたくさん出てきます。1話目は芹沢くんがなぜそうなったかわかるお話です。煉くんと花音ちゃんと芹沢くんの関係はここから始まったんだすね。

 

本当に「煉くんの受難」っていうだけあって、結構煉くんひどい目にあっているのかも。彼もいろいろ心労がたまっていそうですよね。まだ中学生なのに。さらに今回からは変な人に目をつけられちゃいましたしね(笑)

 

再読なのに朧くんのことを全く覚えていないぞ。なので彼の正体をあれこれ考えるのがすごく楽しかったです。なかなか普段見ることができない和麻の姿が見られるって楽しいですね。そして相変わらずナチュラルにいちゃつく和麻と綾乃ちゃがん好きです。今回はほとんど綾乃ちゃんの出番はなかったですけどね。

 

この巻あたりから、あとがきを読むのが辛くなってきます。あとがきを最初に読んだ当時は大丈夫かな、はやくよくなるといいなって思っていたんですよね。

 

■関連記事

風の聖痕(スティグマ)6巻 疾風の槍 感想

風の聖痕(スティグマ)Ignition(短編集)4巻 すてべは愛のために 感想

 

プライバシーポリシー