*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

おすすめ韓国時代劇歴史ドラマ おもしろくて絶対にはまる人気ドラマ

今まで自分が見てきた韓国の歴史ドラマのおすすめを紹介します。今もいろいろ見ている最中なので見終わったら、感想を書いてきたいと思います。結構韓国ドラマって日本のドラマより長いですよね。日本のドラマだと最近は10話とか12話で終わるのが多いですけど、韓国ドラマだと10話目なんてまだまだ始まったばっかりって感じですよね。10話ぐらいではまだおもしろいかどうかも判断できないという(笑)

 

善徳女王

 

新羅初の女性の王様、善徳(ソンドク)女王の生涯を描いた歴史超大作です。主人公が自分が王女なんだとわかるまで数々の苦難を乗り越えていく様子もおもしろいですし、悪役美室(ミシル)とのやりとりがすごいです。悪役あってこその主人公だと思います(笑)憎たらしいよ、怖いよと思いつつもミシルという悪役がいるからこそ、この物語はおもしろいんだと思います。

 

 

薯童謠(ソドンヨ)

 

百済王朝のお話です。すごくおもしろかったです。自分が王の子どもだと知らない主人公が王様になっていくお話です。最初、似たようなイケメン二人の区別が付きませんでした(笑)色違いのハチマキでもしてよって思っていました(笑)新羅のお姫様とのラブロマンス童謡ソドンヨがモチーフになっている物語です。

 

 

ちなみに、日本でおなじみの聖徳太子のあの肖像画を描いたと言われる阿佐太子(百済の王様の子。主人公の兄)もちらりと出演していて私的には全くこのドラマに関係ないところでうれしくなっちゃいました(笑)この時、百済の王子様は日本に来ていてそれで聖徳太子の絵を描いたらしいですよ。

 

 

帝王の娘 スベクヒャン

 

百済王朝のお話です。自分が王女とは知らない姉をうらやましく思っていた妹(父違いなので妹は王様の子ではない)が自分が王女だと名乗りでて宮中を混乱させていきます。もうこの妹が憎たらしくて憎たらくしくて(笑)なんて陰険な子なんだ!!姉はいい子なので、いなくなった妹をスパイになってまで探しにいくのです。王子様たちとのラブロマンスもあります。王子様たちも王子様たちでややこしいことになっているので、見ごたえあります。

 

 

ソドンヨで主役だったチョ・ヒョンジェさんもかっこいいですし、チョン・テスさんもかっこいい。なんとハ・ジウォンさん(チェオクの剣、ファン・ジニ、奇皇后など)の実弟なんですって!!なんて美男美女の姉弟なんだろう。「成均館スキャンダル」にも出演されていたそうです。あれ?成均館スキャンダル見たのに、全然気がつかなかったよ。私のイケメンレーダーにひっかかっていなかったとはどういうことですか(笑)そして、いとうあさこさんそっくりの人がでてきてびっくりしました。本人じゃないの???

 

 

天命

 

宮中の陰謀に巻き込まれていく内医院の医官のお話です。サスペンス、ミステリ要素もあり、とてもおもしろかったです。娘ちゃんがかわいいし、けなげでよいです。

 

 

根の深い木 ―世宗大王の誓い―

 

ハングルを作るという一大事業をドラマチックに壮大に陰謀などを絡めて描いたお話。邪魔してくる秘密結社的な勢力があったりといろいろ大変です。暗殺があったり出会いがあったり、すごくおもしろかったです。実際はどうやってハングルを作ったんでしょう?こんなに陰謀渦巻いてはいなかったですよね???

 

 

階伯(ケベク)

 

百済王朝最後の時代のお話です。途中まですごくおもしろかったです。主人公たちの前に立ちはだかる絶対的悪を倒すところまでがすごくおもしろくてよかったです。魅力的な悪役がいなくなるとちょっと残念になっちゃいますね。しかも最後はどうしてそうなった!?の連続でびっくりします。調べてみたら、史実に忠実にしちゃったがための結果だったみたいです。残念。前半で終わらせておけばよかったのにというドラマでした。母いわく、主演のイ・ソジンさんが永井大さんにしか見えないとのこと。私的には小栗旬さんとか遠藤憲一さんにそっくりな気がします。

 

 関連記事

おすすめ中国台湾(華流)ドラマ

おすすめ韓国現代ドラマ

 

プライバシーポリシー