*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

シュタインズゲート小説版4巻 六分儀のイディオム前編 感想

STEINS;GATE4  六分儀のイディオム:前編 (角川スニーカー文庫)

 

今回は阿万音鈴羽さんの人生と牧瀬紅莉栖ちゃんの短編でした。

 

アニメと今までのおさらいと5巻以降の感想はこちらから

シュタインズゲートアニメ 感想

シュタインズゲート小説版1巻 蝶翼のダイバージェンス:Reverse 感想

シュタインズゲート小説版2巻 形而上のネクローシス:Reverse 感想

シュタインズゲート小説版3巻 境界面上のシュタインズゲート Rebirth 感想

シュタインズゲート小説版5巻 六分儀のイディオム後編 感想

 

恐怖

阿万音さんの未来の続きはこっちの続きでよかったですよ。正確には未来というか過去なんですけどね(笑)もうひとつの方の人生を語られたらちょっと苦しく切なく恐怖を感じるところでした。それでもさみしさは感じちゃうんですけどね。彼女の人生を思うといろいろ考えさせられちゃいますね。

 

※以下ネタバレは含まない感想です

 

残念

紅莉栖ちゃんの短編は全然SFとかしてなくて、ただの恋愛短編でちょっと残念でした。もっと謎と不思議が欲しかったです。

 

 関連記事

シュタインズゲート小説版5巻 六分儀のイディオム後編 感想

 

プライバシーポリシー