*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

紅霞後宮物語3巻 感想

紅霞後宮物語 第三幕 (富士見L文庫)

 

 

続きを楽しみに待っていた紅霞後宮物第3巻です。冒頭から引き込まれます。何が起こっているの!?これは誰のこと!?またまた切ない予感ですね。

 

 

友達におもしろい小説なんかない?と聞かれたのでこの本を紹介しておきました。しかも私ずっと「紅霞」「べにかすみ」って読んでました。なので友達にもそう言って紹介していました。「べにかすみ」ではなく「こうか」だったんですね。気がついてびっくりしました。思い込みってすごいですね(笑)

 

 

 

今回もおもしろかったです。小玉さん、絶好調ですね。色恋に疎くて姐御肌なところがやっぱりいですね。でも今回は文林さんに対してちょっと違う感情がめばえてくれるといいですね。そして最後のおじさん、なかなかおいしいとこを持っていってくれちゃいましたよ(笑)

 

 

そして表紙の人が本気で誰だかわかりませんでした(笑)今でも半信半疑なんですが、あの人ってことでいいんですよね?自分の中のイメージと違いすぎてて、実は今でも違う人なんじゃって思っていますが、でも話の内容からすると…この人であっているはず。一瞬冒頭の人はもしかしてあの人?っていう感じの描写があってそっちかと思っていたら…っていうのもあって、なかなかですね。

 

 

背後にすごい大物な黒幕的な人物が出てきそうな予感ですね。楽しみです。そして漫画化が決まったんですね。すごいですね。あの人のビジュアルが気になります!!

 

 

もう紅霞後宮物語も4巻目ですね。最新刊の発売がとても楽しみです。今度は黒幕関係も明らかにされるんでしょうか?

 

関連記事

紅霞後宮物語4巻 感想

 

プライバシーポリシー