*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

水鏡推理2巻 インパクトファクター 感想

水鏡推理2 インパクトファクター (講談社文庫)

 

研究の不正を暴く物語の2弾目です。おもしろかったです。でもこのネタ大丈夫なの?ってすごく心配になっちゃいました。

 

今までのおさらいと3巻以降の感想はこちらから

水鏡推理1巻 感想

水鏡推理3巻パレイドリア・フェイス感想

水鏡推理4巻 アノマリー 感想

水鏡推理5巻ニュークリアフュージョン 感想

水鏡推理6巻 クロノスタシス 感想

 

パートナーが違う!?

澤田さんがいなくて残念でした。一応、彼が語り部さんっぽい主人公的ポジションだと思っていたんでびっくりしました。そして瑞希ちゃんがなんかわめいたり感情的になっている場面が多くて残念でした。言ってることは正しいんだけど、ちょっと子どもっぽすぎるかなと。それを見てるとちょっとイライラしちゃいます。

 

※以下ネタバレを含まない程度の感想です

 

インパクトファクターってすごい仕組みですねって、なんか見てはいけない社会の闇の部分を見ちゃった気分です。世の中こういうことが本当に多いんだろうなと思うと切なくなっちゃいますね。

 

 

今回もすごくおもしろかったです。こういうぎりぎりなネタを使って大丈夫なのか心配になっちゃいましたが、楽しかったです。また素敵な仲間たちができてよかったです。次巻はまた別な人たちが活躍するんでしょうか?また1巻の仲間たちにも登場して欲しいですね。

 

関連記事

水鏡推理3巻パレイドリア・フェイス感想

プライバシーポリシー