読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

2016年8月のおすすめ小説ランキング【聖女の毒杯・ノッキンオンロックドドア・紅霞後宮物語4巻・トリプルゼロの算数事件簿】

読書記録+本の感想 読書記録+本の感想-おすすめ+ランキング

毎月恒例の読書記録+小説の紹介です。と言いつつ8月の読書ランキングを書くのをすっかり忘れていました。なにぶんテイルズとペルソナのゲームに忙しくて(笑)そんなわけで、いまさらですが8月の小説ランキングです。

 

 

2016年8の読書数は計7冊でした。本が発売されたのが8月ではなく私が8月に読んだ本をランキング形式で紹介します。シリーズものはひとまとめに紹介します。ミステリー、ラノベ、ファンタジー、冒険物、妖怪物、ホラー、児童文学などジャンルはさまざまです。読むたびにどの本もおもしろくて順位なんてつけられないというのが本音なんですけどね。では2016年8月のおすすめ小説ランキングベスト6です。

 

 

第1位 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた2巻

 

今回もとてもおもしろかったです。奇蹟を証明したい青髪探偵・上苙丞(うえおろじょう)さんのお話です。

 

 今までの関連小説のおさらいはこちらから

恋と禁忌の述語論理(プレディケット) 感想

その可能性はすでに考えた 感想

 

詳しい感想はこちらから

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた2巻 感想

 

 

第2位 ノッキンオン・ロックドドア

 

不可能犯罪担当・不可解犯罪担当の2人の探偵が謎を解く青崎有吾さんのミステリ小説です。おもしろかったです。短いエピソード詰まった小説でした。とてもテンポが良くて読みやすかったです。まだ読者が何がなんだかわかんないぞ?って思っている時に事件が解決していきます。あっという間に事件が解決されるのでストレスがないです。さらりと軽い感じで読めるのでおすすめです。

 

詳しい感想はこちらから

ノッキンオン・ロックドドア 感想

 

 

第3位 紅霞後宮物語4巻

 

皇后様が身分を隠してお忍び調査がおもしろかったです。黒幕がまさかの!!って展開でこれまたびっくりしました。今回もところどころ笑えるつっこみがなんとも言えずテンポがよくて楽しかったです。

 

今までのおさらいはこちらから

紅霞後宮物語1巻 感想

紅霞後宮物語2巻 感想

紅霞後宮物語3巻 感想

 

 詳しい感想はこちらから

紅霞後宮物語4巻 感想

 

第4位 トリプルゼロの算数事件簿1巻2巻

 

お任せ!数学屋さんの作者さん向井湘吾さんの児童文学です。今回は数学ではなく算数ということで数学で世界を救う「お任せ!数学屋さん」の小学生バージョンかな?って思いながら読みはじめました。大人が読んでもおもしろかったです。

 

関連小説の感想はこちらから

お任せ!数学屋さん1巻 感想

お任せ!数学屋さん2巻 感想

お任せ!数学屋さん3巻 感想

 

詳しい感想はこちらから

トリプルゼロの算数事件簿1巻 感想

トリプルゼロの算数事件簿2巻 感想

 

 

第5位 Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか?

 

今回はそんなにアクションもありませんでしたし、危機的状況にもなりませんでしたね。例のあの人も活躍しませんでしたしね。でも謎やヒントはあったように思うので次巻以降もとても楽しみです。ハギリ博士のひらめきに驚きですね。鳥肌立っちゃうくらいすごい発想だと思います。

 

今までのおさらいはこちらから

Wシリーズ1巻 彼女は一人で歩くのか? 感想

Wシリーズ2巻 魔法の色を知っているか? 感想

 

詳しい感想はこちらから

Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか? 感想

 

 

第6位 素数ゼミの謎

 

素数ゼミの存在を知ってからすごく気になっていたんですよね。それをわかりやすく解説しくれて納得しました。すごくわかりやすく書かれていたので子どもでも読みやすいと思います。

 

詳しい感想はこちらから

素数ゼミの謎【感想】進化や環境に適応できる生物ってすごいなぁ

 

以上2016年8月に読んだ本の紹介でした。

 

関連記事

メディアワークス文庫のおすすめ小説

妖怪好きさんにおすすめな小説厳選12選