*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

講談社タイガ文庫のおすすめ小説

講談社タイガ文庫は2015年に創刊された比較的新しいレーベルです。講談社タイガ文庫は全体的に私好みな小説が多くてうれしいレーベルなんですよね。謎解きや秘密、事件、探偵、刑事、異能、妖怪、不思議な話などなど、この先どうなるんだろうと考えながら読めるちょっぴりダークな小説が好きです。青春系や恋愛系より、ミステリ系、ファンタジー系、ホラー系の小説が好きです。

 

 よかったらこちらの記事もどうぞ

メディアワークス文庫のおすすめ小説

妖怪好きさんにおすすめな小説厳選12選

【Amazon:kindle】アマゾンでおもしろい漫画や小説を価格別で探す【無料からまとめ買いセールまで】

 

 

講談社タイガ文庫はさらりと軽く読めるけど、深い内容の小説が多くておもしろいのですごくおすすめです。今まで私が読んだ講談社タイガ文庫のおすすめ小説を語ります。

 

 

君と時計と嘘の塔 シリーズ

 

とてもおもしろかったです。冒頭から物語に引き込まれて一気に読んじゃいました。もう続きが楽しみで楽しみでしかたがなかった小説です。自分の中で今年一押しなタイムリープ物です。最後がどうなるかすごく気になります!!あの出来事からどう乗り越えるの!?素敵な結末を待っていますよ。そして3巻目にして気がつきました。表紙のイラストが続いている!!粋な演出ですね。

 

詳しい感想はこちらから

君と時計と嘘の塔 第1幕 感想

君と時計と塔の雨 第2幕 感想

君と時計と雨の雛 第3幕 感想

君と時計と雛の嘘 第4幕 感想

 

 

バビロン シリーズ

 

表紙のイメージから女の子が主人公の電脳サバイバルアクション系かなと勝手に思っていたら、まさかの東京地検特捜部の話でびっくりしました。でも自分的に好きなネタです。巨大な陰謀に立ち向かっていきます。

 

詳しい感想はこちらから

バビロン1巻 女 感想

バビロン2巻 死 感想

 

 

美少年探偵団 シリーズ

 

西尾維新さんの小説で男女比率が男性の方が多いって話はめずらしいかもです。いつももっと男性キャラが活躍すればいいのになぁと思っていたので、今回の美少年探偵団はうれしかったです。題名の美少年からして心くすぐられてしまいましたしね。しかもどの美少年キャラも一癖もふた癖もあっておもしろかったです。

 

詳しい感想はこちらから

美少年探偵団1巻 きみだけに光かがやく暗黒星 感想

美少年探偵団2巻 ペテン師と空気男と美少年 感想

美少年探偵団3巻 屋根裏の美少年 感想

美少年探偵団4巻 押絵と旅する美少年 感想

美少年探偵団5巻 パノラマ島美談 感想

美少年探偵団6巻 D坂の美少年 感想

 

 

Wシリーズ 

 

近未来でおもしろかったです。いつか起こりうる未来という感じでぞわっとする恐怖を感じました。S&Mシリーズや女王の百年密室シリーズと関係があるので森博嗣さんの他の小説を読んでいたほうがより楽しめる作品です。それにしてもあの人の影響が大きすぎてびっくりします。またこの博士さんですねと。どこにでも関与してますねって感じですよね。天才を通り越してもう全知全能なる神様なんじゃなかろうかと思ってしまいますね。

 

詳しい感想はこちらから

Wシリーズ1巻 彼女は一人で歩くのか? 感想

Wシリーズ2巻 魔法の色を知っているか? 感想

Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか? 感想

Wシリーズ4巻 デボラ、眠っているのか? 感想

Wシリーズ5巻 私たちは生きているのか? 感想

Wシリーズ6巻 青白く輝く月を見たか? 感想

 

 

シャーロックホームズの不均衡 シリーズ

 

おもしろかったです。なぜ事件が起きるのか、なぜその事件を解決しなくてはいけないのかの明確な理由があって、名探偵でなければならない必然性があってよかったです。表紙のイラストからは感じられなかったんですが、キャラも魅力的でこういうライトなノリの世界観も好きです。でも意外に内容がシビアだったりする場面もあります。表紙のイラストからのインスピレーションで、内容はもっと真面目で深刻で切ない話かと勝手に想像していたので、違っていて自分好みでよかったです。今回のこの物語はどちらかといえば西尾維新さんの世界っぽい感じがしました。ノリはライトだけど中身はちょびっとダークみたいな感じが。

 

詳しい感想はこちらから

シャーロック・ホームズの不均衡 感想

シャーロック・ホームズの十字架2巻 感想

 

 

アンデッドガール・マーダーファルス シリーズ

 

奇抜な探偵コンビが大活躍ちょっと変わっているどころではない(笑)探偵さんコンビですごくおもしろかったです。怪異ミステリーという感じでしょうか。異能な人外さんたちが出てくるということろはすごくファンタジーですが、ミステリ部分においてはきちんと本格的な感じの推理でよかったです。

 

詳しい感想はこちらから

アンデッドガール・マーダーファルス1巻 感想

アンデッドガール・マーダーファルス2巻 感想

 

 

雨の日も神様と相撲を

 

カエルと相撲と伝奇ミステリ青春ファンタジー。講談社タイガ文庫ですし、この作者、城平京さんだし今回もミステリ系だろうと思って読んでみてたら、あらびっくりまさかの相撲物でした。相撲物なんてうまれて初めて読みました。しかもカエルの神様が出てきたりとちょっぴり不思議なファンタジー物でした。

 

詳しい感想はこちらから

雨の日も神様と相撲を 感想

 

 

銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル

 

この小説は初読みの作者さんです。なんか本の始めの紹介を見ると同じ探偵さんの別の小説があるみたいです。でもこのレーベルではこれが初ですよね?この本から読んでも大丈夫なんですよね?なんでそんなことになったんでしょうか???作者さんの愛着あるキャラクターなんでしょうか?共感覚能力者探偵のお話でした。本格推理物ではなく軽いファンタジー推理物かなという感じでした。ネタ満載なそんな感じで軽く読める物語でよかったです。途中で挫折しかけましたが、最後まで読むとおもしろかったです。

 

詳しい感想はこちらから

銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル【小説感想】

 

 

関連記事

メディアワークス文庫のおすすめ小説

妖怪好きさんにおすすめな小説厳選12選

完結したおすすめシリーズ物小説+漫画版

スマホで無料で漫画が読み放題おすすめアプリの紹介【iPhone・Android】

【Amazon:kindle】アマゾンでおもしろい漫画や小説を価格別で探す【無料からまとめ買いセールまで】

 

プライバシーポリシー