*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

水鏡推理4巻 アノマリー 感想

水鏡推理4 アノマリー (講談社文庫)

 

国家公務員が研究の不正のからくりを暴いてくシリーズの第4弾です。

 

今までのおさらいと5巻以降の感想はこちらから

水鏡推理1巻 感想

水鏡推理2巻 インパクトファクター感想

水鏡推理3巻パレイドリア・フェイス感想

水鏡推理5巻ニュークリアフュージョン 感想

水鏡推理6巻 クロノスタシス 感想

 

水鏡推理だよね?

まず冒頭の女の子たちのお口が悪くて残念です。と思ったらそういうことだったんですね。こういう感じの話は苦手なんですよね。これ水鏡推理ですよね?研究の不正のからくりを暴くんですよね?この子達と登山と何の関係があるんだろう?と、めげずに読み進めました。

 

 

今回の瑞希ちゃんのパートナーは?

浅村琉輝さん、いい感じです。今回はこの人が瑞希ちゃんのパートナーですね。って思ったらまさかあんな展開になるとは!!って感じになってしまってびっくりしました。今回は不正というよりもっとすごいことになってますよ。前巻にまして命の危険に脅かされています。

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です

 

 

急にお父さんに対して怒りだす瑞希ちゃん。なんでどうして?彼女に感情移入できなくて読者がおいてきぼりをくらった感じです。最後まで読むとあぁこれをやりたいがために入れたエピソードだったのねということは理解できました。お父さんの助言が生かされてチームっていいねになるんじゃなくて、親の愛情っていいねに落ち着いてしまったのはちょっと残念でした。

 

 

まぁ世の中にはとんでもない親もいるんだなっていうことはわかりましたけどね。でも物語的にはちょっともやもやしちゃいました。消化不良です。みんなで力をあわせることが出来て、チームワークってすごいんだねって職場の皆が少しだけ仲良くなる展開を望んでいたので拍子抜けです。あとお父さんのアドバイスも時には役に立つよねみたいなのも欲しかったです。

 

関連記事

水鏡推理5巻ニュークリアフュージョン 感想

 

プライバシーポリシー