*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

Wシリーズ4巻 デボラ、眠っているのか? 感想

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)

 

 いつか起こりうる近未来のお話のシリーズの第4弾です。人間とロボット(ウォーカロン)の行く末はどうなるの?

 

今までのおさらいと5巻以降の感想はこちらから

Wシリーズ1巻 彼女は一人で歩くのか? 感想

Wシリーズ2巻 魔法の色を知っているか? 感想

Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか? 感想

Wシリーズ5巻 私たちは生きているのか? 感想

Wシリーズ6巻 青白く輝く月を見たか? 感想

Wシリーズ7巻 ペガサスの解は虚栄か? 感想

 

近未来に起こりうるのかもしれないと危惧する恐怖

人間とロボット(ウォーカロン)の行く末はどうなるの?たまにぞわりとした恐怖の感覚を味わってしまうこの物語、今回はなかなかハラハラさせられる展開でした。おもしろかったです。冒頭から引き込まれました。とても読みやすかったです。何が起きるの?何が起きているの?という感じでぐいぐい引き込まれました。内容もいつもどおりの思考や考察のありの中に、派手なアクションが加わったという幹事で読み応えがありました。映像化したら見ごたえがあるシーンの連発だったろうなというのが今回の4巻の感想でした。

 

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です。

 

 

アネバネさんがお気に入りなので、もっと活躍して欲しいですね。そして今回はいつものあの人は出てきませんでしたね。人間とはなんなのか、争いとは必要なものなのかとか何のために必要なのかとか、知能とか進化とか考えれば考えるほどわかんなくなるし、むなしくなっちゃいました。最後のウグイ・マーガリン(笑)さん、どうしたの?こんな人でしたっけ?キャラが崩壊していますが、だから人間なのかしら?ということでしょうか。

 

 

Wシリーズは今後「私たちは生きているのか?」「青白く輝く月を見たか?」の2冊が刊行される予定なのでこれからも楽しみです。

 

関連記事

Wシリーズ5巻 私たちは生きているのか? 感想

 

プライバシーポリシー