*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

0能者ミナト10巻 感想

0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)

 

大好きなシリーズ小説の10巻目です。霊能力がない主人公が霊障や怪異の謎を科学的に解明していくシリーズです。今回はどんな不思議な怪異の謎が解かれるんでしょうか。待ちに待っていた最新刊です。すごく楽しみにしていました。

 

今までのおさらいはこちらから

0能者ミナト 9巻 感想

 

ちょっといつもと毛色が違う物語

今回はちょっといつもとおもむきが変わった感じでした。ミナトはあんまり活躍していません。というか××とかそうする必要があったのかなと思うとちょっと不思議ですが、まぁたまにはこういう話もありですね。荒田孝元さんの初恋話が聞けますよ。あとあの人たちのことをもっと掘り下げてくれるともっと納得できたかなと。特に××とか納得できなくて、もっとしっくりくる何かが欲しかったですね。

 

※以下ネタバレは含まない程度の感想です。

 

あと大好きな理彩子さんが全くでてきれくれませんでした。巻末のいつもの3人の小話もなくて残念でした。ミナトに振り回される理彩姉さまと孝元さんのやりとりが楽しくて好きなんですけどね。でも今回「なんじゃこりゃ!!」に匹敵する名作がうまれましたよ(笑)

 

 

お子様たちが思いのほかよかったです。キャラ的がたっていて、こちらの物語もシリーズ化して欲しいですね。南雲瑠璃ちゃんのつっこみや性格、如月雅のキャラとかおもしろかったです。でも赤羽ユウキくんの学校でのキャラが結局どういう感じなのかよくわかんなかったですけどね。すごく楽しかったです。ただ二宮翔太くんの将来が心配でなりませんが(笑)そんなこんなで次巻も楽しみです。ミナトの大活躍(?)を期待しています。

 

プライバシーポリシー