*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

SINGシング映画【吹替版】感想。歌も日本語だったよ。

シング-オリジナル・サウンドトラック

 

SING/シング映画を試写会で見てきました。映画館に行くまで日本語吹き替え版だということを知りませんでした。CG3Dアニメで擬人化された動物たちが歌います。この映画って歌がメインの映画ですよね?歌の部分だけ原作オリジナルの英語バージョンなのかなと思ったら、日本語になってましたよ!!大丈夫なんでしょうか?というか、原作オリジナル版と全く別物になるってことですよね?すごく不安でしたが、結論としては楽しめました。物語の内容は子どもも安心して楽しめる内容でした。なので敢えてあらすじもストーリーの内容のネタバレもしません(笑)自分の目と耳で確かめて下さい。それだけだとあれなんで(笑)ざっくりとした感想と吹替版の感想です。

 

吹き替えの声優さん

吹き替え声優さんとしては、お笑い、女優、歌手、本職の声優さんたちが声をあてられていました。しかもみなさんお上手でした。内村光良さんって言われてもウッチャンの声には全然聞こえませんでした。言われなければ、いえ、言われても全然わからなかったです。よかったです。すごくダンディーでした。長澤まさみさんもずっと沢城みゆきさんの声だと勘違いしていました。台詞も歌もお上手でした。

 

 

本職声優の歌目当てでは見に行っちゃダメ

本職声優さんの歌声を目当てで見に行っちゃダメだめな映画でしたよ。そこだけは残念でした。声優さんの歌に期待してそれ目当てで見に行ったら後悔するというか、がっかりすると思います。もちろん声優さんたちの歌声が悪いとか下手なんじゃなくて、びっくるするほど歌うシーンがなかったんですよ!!声優さんは歌が上手な声優さんがキャスティングされていたので、安心できるなと思っていたら、ガッツリ歌う人は少しだったんですよ。すごくびっくりしました。

 

 

えっ!?この声優さんたちは、歌わないの!?複数役掛け持ちで、ちょい役の方で口ずさんだ程度とか、出番自体がほとんどないけどっていう役だったりそんな状態でした(笑)なので宮野真守さんや谷山紀彰さん(グランロデオ)といった声優さんの歌を目当てで吹替版を選ぶことは、私はおすすめしません。

 

 

水樹奈々さんにいたっては、どの役かもわかんなかったです(笑)映画が終わったあとのスタッフロールでキャストを見て、この役だったの!?なんて無駄遣いなんだ!!歌わせてあげてよ!!と思っちゃいました。ちゃんと歌った本職声優さんって私が気付いたのは山寺宏一さんだけなんじゃないのかなぁ。すごく上手でした。聴かせてくれました。坂本真綾さんの歌は英語だったので本人かどうかは、私の耳にはわかりませんでした。柿原徹也さんなんて映画を見終わった後、パンフレットを見て出演されていたことを初めて知りました。どの役だったんでしょうか?全然気が付きませんでした。

 

 

なぜ歌も吹き替えてるの?

こういう歌メインの海外映画の日本語吹替版って大変なんだなと思いました。原作のイメージをぶち壊すわけにはいかないですもんね。無難に歌だけオリジナルでもいいと思うんですけどね。見る方としてはその方が安心して見れる気がします。そして原作の雰囲気もそのまま味わえるのでいいと思うんですけどね。いろいろ大人の事情とかあるんでしょうか?それともまだ字が読めない子どものために、歌唱シーンも日本語なんでしょうか?

 

 

思いっきりメインで歌うキャラは、歌手が演じられていることが多かったので歌の部分はとても素敵でした。聞き惚れちゃいました。台詞部分はまぁ残念でしたが、それを歌手さんに言ったら、かわいそうですよね。

 

 

ブタさんコンビがいい感じ

それにしても今回、ブタさんたちがいい味だしてました。どちらも、いかすキャラでしたね。この映画は歌っていいなぁと思わせてくれる映画でした。思わず自分も一緒に口ずさみたくなったり、歌いたくなりました。今度はぜひ字幕版で見てみたいですね。全体的な映画の雰囲気も、ガラっと変わりそうですよね。そして次回作として続編も決まっているということなのでとても楽しみです。

 

プライバシーポリシー