*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

製造人間は頭が固い 感想

製造人間は頭が固い (ハヤカワ文庫JA)

 

製造人間?ずっと人造人間とか合成人間だと勘違いしていました。勝手に題名から統和機構のお話かなと思っていたんですが、違うんでしょうか?楽しみです。期待が高まります。今度はどんな物語でわくわくさせてくれるんでしょうか。

 

世界観の繋がり

読み終わりました。いろんな作品の統合スピンオフ短編って感じの認識でいんでしょうか?おもしろかったですが、上遠野浩平さんの小説を初めて読んだ人にはわけわからない内容だったと思います。急に何何?何が起きているの?実は彼らは超能力者???とか、何してるの?何がしたいの?と、ちんぷんかんぷんだったと思います。ぜひいろんなシリーズを読んでから読むことをお薦めします。初めはあれ?おもしろいかな?って思っていたのがいつのまにかどっぷり上遠野さんワールドに浸かってしまいます。それにしても会話のすべてをいちいち噛み砕いて、ちゃんと頭で理解しながら読み進めていたら、頭が痛くなっちゃいました(笑)

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です

 

なんだか懐かしい

みっちゃん、せっちゃん、フォルテッシモ、フェイ・リスキィ博士、カレイドスコープ、オキシジェン、カチューシャと聞いたことある人がたくさんいるという感じで楽しかったですね。奇蹟遣いの話がいよいよ進むんでしょうか。今回のお話はブギーポップシリーズとかよりは、ちょっと年代が前の話ってことですよね?フォルテッシモさんもまだあのアクセサリーはしてなかったんだろうなとか、リセット、リミットの今後とか知ってるとなかなか感慨深いものがありますね。今回のアーミャ初登場時、もしかしてこの子は「しずる」さん!?って思ったんですが違いましたね。でも彼女もこっち系統なんですかね。気になります。

 

 

ブギーポップシリーズ

コノハ・ヒノオくんはブギーポップにいただろうか?もしかして名前が変わってしまっていて、実はあの人のことだったりするんでしょうか?と勝手に想像したりしています。無能人間呼ばわりですが、実はかなりのキーパーソンですよね?そしてそろそろ壮大な人物相関図が欲しいです。誰がどうどこで繋がっていて、どこでどんな活躍していたのか、すっかり忘れちゃっているんですよね。

 

プライバシーポリシー