*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

お世話になっております。陰陽課です4巻 感想

お世話になっております。陰陽課です4 (メディアワークス文庫)

 

「お世話になっております。陰陽課」シリーズは、京都の町で妖怪(異人)さんたちがふつうに安心して暮らせるように、京都の町の治安維持につとめる人外の公務員陰陽課の物語です。真面目な人間の公務員ちゃんと陰陽師のでこぼこコンビが活躍するお話です。全体的にほのぼのとしていて、かわいらしくて楽しめる作品の4作目です。

 

今までのおさらいはこちらから

お世話になっております。陰陽課です1巻 感想

お世話になっております。陰陽課です2巻 感想

お世話になっております。陰陽課です3巻 感想

 

年末の錦市場

春明と祈理ちゃん同様、私も年の瀬に、京都に住んでいる友達がわざわざ案内してくれて錦市場に行ったことがあります。行く前は意気揚々としていたんですが、あまりの人の多さに圧倒されて、結局何も買わずに帰ってきたという思い出があります。「なんか疲れたよね」というのが正直な感想でした。そして意外に場所は狭くて小さかったなという印象でした。でもとっても活気に満ち溢れている場所でした。

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です

 

照れる春明さんいいですね。そして理解している枕木課長とがんばる祈理ちゃんもかわいいです。それにしても表紙のイラストの2人が少しふっくらしているように見えますね。冬仕様ですか?

 

 

新キャラさん?

新キャラさんの登場ですか?イケメン風味ですね。主任さんより頼れる人?祈理ちゃんのピンチを救うべく颯爽と現れました。新キャラさんかと思ったら、ちょくちょくちょっとだけ登場していた有名なあのお方でした。この方って本物さん?偽者さん?3巻の終わりでなにやらそんな気配で終わっていましたよね?それとあれは老紳士さんでしたっけ?

 

 

課長と天全さん

枕木さん、すごい!!気が付いてたのね。彼らの主従関係に。センシティブ。天全さんは繊細なのね。って自分で言うのはどうかと思いますけどね(笑)でも彼らしくてよいですね。

 

 

おもしろかった

短編集かと思いきや、ちゃんと1番目の話から繋がりがあっておもしろかったです。全体の奉仕者と自己犠牲。なかなか深い話でしたね。そしてお話もきれいにまとまっていました。読む側もすっきりできて気分がよく、後読感がとてもよく満足できるお話でよかったです。春明のぶっきらぼうだけど、ちょっと子どもっぽい感じだとか、祈理ちゃんの生真面目だけどまっすぐなところとか、その2人のコンビがとても微笑ましかったです。今後もよい関係のまま、京都の街を異人さんたちとともに護っていって欲しいですね。

 

 

陰陽課の今後にも期待

一応今回でこの「お世話になっております。陰陽課」シリーズも一区切りらしいです。でもまたぜひ続編や短編やスピンオフ作品なんかも期待して待っています。どのキャラクターもとても魅力的だったので、ぜひまた登場して欲しいです。それに妖怪や異人さんで寿命が長いので、いろんな時代で物語が展開できそうですよね。陰陽課の何らかの新展開を楽しみに待っています。

 

プライバシーポリシー