*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

2018年12月の読みたい小説新刊発売予定日【後宮の烏2巻・虚構推理短編集 岩永琴子の出現】

2018年12月発売予定の読書予定の本の紹介です。いまのところ12月に発売される小説は少ないようです。読書はちょっとお休みして、ゲーム三昧の日々を過ごそうかななんて思っています。PS4のゴッドイーター3とジャッジアイズが気になっているんですよね。ゲームに時間を費やそうと思っていると、後半にどかっと読みたい本が出るような気もするんですけどね。

 

後宮の烏2巻 発売日12月18日

 

続きが発売されるとうれしなと思っていた後宮の烏の続編です。すごくうれしいです。1巻で一応正体が判明しているので、今回はどんなお話になるんでしょうか?楽しみです。主役2人の恋の行方も気になるところです。

 

今までのおさらいはこちらから

 

 

 

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 発売日12月20日

 

虚構推理の短編集の小説が出るんですね。うれしいです。主人公の性格に難ありですが、虚構で事件をねじ伏せて解決する手腕がすごいです。ファンタジー設定ですが、そこに不思議な要素は一切絡まなくて、理論でぶち破いていくところが、これまたびっくりで痛快なんですよね。その手腕に感心しちゃいます。密かに主人公の恋の行方も応援しています。なんだかんだでいい関係(コンビ?)だとは思うんですけどね。

 

今までのおさらいはこちらから

 

 

以上が今のところ2018年12月に発売される読みたい新刊小説です。というか今のところまだこれだけで驚いています。私の情報収集能力がまだまだということなんでしょうか。