*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

バビロン1巻 女 感想

バビロン1 ―女― (講談社タイガ)


表紙のイメージから女の子が主人公の電脳サバイバルアクション系かなと勝手に思っていたら、まさかの東京地検特捜部の話でびっくりしました。でも自分的に好きなネタです。巨大な陰謀に立ち向かっていきます。

 

続きがとっても気になるとどんどん読み進められました。すごくおもしろかったです。途中すごく盛り上がり、途中あれあれって急にしぼんで、また最後はええーーー!!っていう展開でおもしろかったです。ちょっと野﨑まどさんの他の作品「know」を髣髴とさせる感じもしますね。根幹にあるテーマが一緒なのだと思います。2巻も楽しみです。ネタバレするのはもったいないのであまり多くは語れませんが、おすすめです。

 

 

 

九字院さんがなんか好きですね。斎さんは別の意味でも気になりますね。重要人物かな?p76の気取ったバルってなんだろう?ビルかバーの間違いかな?話に全く関係ないですけどトラットリアって何?などなど考えならが読むのが好きなのですごく楽しかったです。

 

途中、ええーーーーここでまさかの××さんーーーーー!?って展開でびっくりしました。操られてるの???洗脳されてるの???だんだんとおもしろくなってきました。その後も巨大な陰謀がまさか!!とか最後は××とか!!2巻の発売が待ち遠しいです。

 

関連記事

バビロン2巻 死 感想

 

プライバシーポリシー