*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

怪盗探偵山猫ドラマ最終回感想 原作小説のネタバレも含みます

日本テレビ系土曜ドラマ 「怪盗山猫」 オリジナル・サウンドトラック

 

そんなこんなで怪盗山猫探偵のドラマも最終回を迎えましたね。
ドラマ化が決定した時に書いた記事はこちらからどうぞ。
怪盗探偵山猫さんが亀梨和也さん主演でドラマ化決定。いつ何時から?

 

怪盗探偵山猫 原作小説とドラマの違い

小説を読んでからドラマを見たんですが、もう原作と違いすぎてびっくりです。登場人物の名前と初期設定を拝借した別物です。そうやって割り切って見ないと辛いです。はじめはあれ?ここが原作と違うって感じで見てたんですけど、もう回を重ねるごとに原作と同じところを見つけるのが難しくなっちゃいました(笑)小説は小説、ドラマはドラマで別物として楽しまなきゃですね。

 

 

悪役

全体的な大きな悪役を持ってきた流れはドラマの方がおおーって感じでしたね。でも山猫さんたちを無理やりその設定にしちゃったからなのか、その反面、キャラの魅力は半減しちゃいました。私の中のイメージでは山猫さんはもっとクールで大人でとらえどころがない人物ですよ。勝村さんは一生懸命だけどちょっと空回りしちゃう典型的な主人公タイプ(語り部さん)で、りかこさんは謎の妖艶な美女って感じなんですよね。

 

 

山猫さん

つかみどころがない山猫さんにふりまわされる勝村さんを見て応援したくなっちゃう物語ですよ。刑事さんとかさくらちゃんも全然違う感じですしね。ほそださんって誰?ゆうきてんめいって何?あのニュースキャスターって何?なぜに魔王が仲間になってるの?っていう???の連続でした。

 

 

1話目はよかった

でも1話目はなかなかよかったですよね。最後、ほそださーーーーーん!!って終わったのはびっくりしましたけど、おもしろくなっていく予感がしました。でも回を重ねるごとにあれ?って感じにもなってきました(笑)なんか探偵っぽいことしましたっけ???小説の方が義賊っぽくて好きです。それに山猫さんのどなるシーンが多い演技がちょっと嫌でした。あと武士道って何?「コア」って何さって感じで笑えてきちゃいました。

 

 

 山猫キャスト

ドラマ化が決まった時、キャストにびっくりしました。役柄的に亀梨和也さんと成宮寛貴さんは絶対反対の方がいいよね?って思っていました。それゆえ、勝村さんのまさかの役どころはよかったです。やっぱり成宮くんはこういう役の方がしっくりきますよね。ブラッディマンデイのあの演技がすごく好きでした。

 

 

怪盗探偵山猫ドラマ最終回のネタバレ感想

冒頭のラジオシーンいりませんよね。なんか今までのことがすべて台無しです。テンポが悪いです。りかこさんたちの死んだと見せかけてはよくある手法なので絶対生きているよねと思ったいたので大した驚きもなく。刑事さんが実はゆうきてんめい?と思わせて別人って、必要な設定だったんでしょうか?最後は勝村さんも刑事さんもいなくなっちゃいましたね。またみんなで一緒に活動しているといいなとは思いますがどうなんでしょうか?というか一緒にがんばっていて欲しいです。すごくつまらない最終回でしたね。残念でした。どうしてこなった!?もっとおもしろくできたよね!!と思わずにはいられませんでした。

 

 

原作小説と内容が違うドラマ

最近、原作小説と全く内容が違うドラマって多いですよね。ドS刑事、戦力外捜査官とか。原作を知ってからドラマを見ちゃうとなんか物足りないですね。私の知ってる物語と違うって思っちゃいます。特に原作がおもしろくて大好きな場合はショックが大きいです。でも小説を読んだ人でもドラマを楽しめるようにする配慮って感じで敢えてそうしているんでしょうか?それとも何かあるんでしょうか?原作者さんはどう思っていらっしゃるのか気になります。

 

プライバシーポリシー