読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

万能鑑定士Qの最終巻ムンクの叫び 感想

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 (講談社文庫)

 

万能鑑定士の最終巻で、巻貝さん関係なんてすごく楽しみなんですが、それよりも不安の方が大きいかもですね(笑)この巻で小笠原さんってどういう扱いになっているんでしょうか?納得できるか心配です。

 

今までのおさらいはこちらから

探偵の鑑定1巻 感想

探偵の鑑定2巻完結 感想

 

 

以下少しネタバレを含む感想です。

 

 

うーん、またいろんなキャラのオンパレードでしたね。探偵とか添乗員とか公務員とかみんな好きなんですけど、こう何度もお祭り騒ぎになっちゃうと残念です。その物語のキャラだけでがんばって欲しかったですね。

 

まぁなんだかんだでまるく収まったという感じでしょうか?もっと楽しい謎解きとか期待していたんでちょっと残念ですね。あとこの本、角川書店じゃなくて講談社から出版されているんですね。真の小笠原さんの退職理由って…なんて深読みしちゃいますよ(笑)やっぱり自分は6巻の雨宮かれんとの対決が一番おもしろくて好きでした。最初から最後までずっと彼女と対決していく物語だと思っていたので1巻で終わったのはびっくりしましたね(万能鑑定士は6巻から読み始めたので・笑)

 

プライバシーポリシー