*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

象印の炊飯器「圧力IH式NP-ZC10-TD」の購入感想レビュー【ご飯がおいしく炊ける】

象印 炊飯器 圧力IH式 5.5合 ダークブラウン NP-ZC10-TD

 

先日、炊飯器(IH式)が壊れて、新しい炊飯器(圧力IH式)を購入しました。

詳しい話はこちらから

炊飯器が壊れました【購入にあたって炊飯器の種類を調べてみたよ】ごはんは柔らかい方が好き

 

象印 炊飯器 圧力IH式 5.5合 ダークブラウン NP-ZC10-TD という製品を購入しました。今回は実際にその炊飯器を使用してみた感想です。今まではIH炊飯器だったんですが、今回は圧力IH炊飯器を購入しました。炊飯器の炊き方の種類によって、ごはんの味に違いがでるのか、またその味の違いが私の舌にわかるのか、とても楽しみでした。

 

見た目

まずは炊飯器の見た目です。色は白やグレーではなくダークブラウンです。家に届くまでは、こんな存在感ある色ってどうなんだろうと不安に思っていました。ですが実際に届いて設置してみると、とても重厚感があって白やグレーより断然映えてよかったです。まわりから浮いている感はいっさいなく、高級感があって好きになりました。

 

 

液晶パネルが大きくて見やすい

今までの炊飯器より液晶パネルの画面が大きくなり見やすくなりました。時計表示は点滅しないので、最初本当に動いているとは思えなくて、電源をまだ入れていなかったのでお飾りだと思っていました(笑)それがちゃんと時計の時間が進んでいたのですごくびっくりしました。内臓電池みたいなので自分で動いていたんですね。

 

 

炊き方モード

最近はお米を洗ってから水につける必要もなく、すぐ炊いていいそうです。便利な世の中になりましたね。そしてごはんの炊き方にいろいろとモードがあります。実際にそのモードで炊いてみた目安時間と食感です。炊き上がりの時間はその日の温度や湿度、お米を炊く量によっても違うように感じられました。いままでの製品と違って炊飯ボタンを押すだけで、出来上がりの時間の残り時間(カウントダウン形式)が表示されるのがうれしいです。すごくわかりやすくていいです。

 

 

今までの炊飯器は完成間際にならないと、時間表示が出なかったので炊き上がり時間がわからなかったので逆算できなかったんですよね。今回は出来上がり時間の逆算ができるのがすごくありがたいです(予約炊飯を使わなかった場合に限りますけどね)食感は自分が感じたものなで、他の人は違う感想を抱くこともあると思いますのでそこはあしからず。

 

 

炊き上がりの目安時間と食感

・エコ炊飯:約67分 やわらかい

・ふつう炊飯:約54分 少しかため

・しゃっきり炊飯:約53分 かたい

・白米熟成:約73分 ふっくらやわからめ

・白米急速:約37分 かため

 

自分的好き順位

1位:白米熟成

2位:ふつう炊飯

 

やらかくてふっくらしたごはんが好きな自分としては、白米熟成が1番おいしかったです。次はふつうに炊いたごはんでした。固めが好きな家族はふつう炊飯がおいしかったと言っています。好みの違いはありますが、前回のIH炊飯より断然今回購入した圧力IH炊飯の炊飯器の方が、どの炊き方モードでもおいしくごはんが炊けました。お米の種類は今までと変えていないのに、炊飯器ひとつでこんなに味が変わるのかとびっくりしています。

 

 

白ご飯がおいしくて食べ過ぎてしまう

そして最近、お米の減りが早くてびっくりしています(笑)食欲の秋だからって皆、食べすぎですよ。それにしても、ごはんが急激においしくなって、あまりご飯粒が好きじゃない私もいつもより多く食べています。お米がおいしいって幸せです。体型には気をつけなくちゃと思っているところです(笑)白ご飯がおいしくて食べ過ぎてしまいます。新しい炊飯器は圧力IH式バージョンを買ってよかったです。

 

 

象印圧力IH炊飯器の詳細や購入はこちらから

 

プライバシーポリシー