*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか? 感想

風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)

 

Wシリーズも3冊目ですね。

 

今までのおさらいと4巻以降の感想はこちらから

Wシリーズ1巻 彼女は一人で歩くのか? 感想

Wシリーズ2巻 魔法の色を知っているか? 感想

Wシリーズ4巻 デボラ、眠っているのか? 感想

Wシリーズ5巻 私たちは生きているのか? 感想

Wシリーズ6巻 青白く輝く月を見たか? 感想

Wシリーズ7巻 ペガサスの解は虚栄か? 感想

Wシリーズ8巻 血か、死か、無か? 感想

 

今回はそんなにアクションもありませんでしたし、危機的状況にもなりませんでしたね。例のあの人も活躍しませんでしたしね。でも謎やヒントはあったように思うので次巻以降もとても楽しみです。ハギリ博士のひらめきに驚きですね。鳥肌立っちゃうくらいすごい発想だと思います。

 

 

 

まさかあの人の名前(フルネーム)に聞き覚え(見覚え)が!!百年女王シリーズでしたっけ?すっかり忘れていますが、やっぱり関係があったんですね。ファンとしてはうれしいですね。

 

4巻 デボラ、眠っているのか?

5巻 私たちは生きているのか?

 刊行予定ということでとても楽しみです。

 

関連記事

Wシリーズ4巻 デボラ、眠っているのか? 感想