*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

六道先生の原稿は順調に遅れています3巻 感想

六道先生の原稿は順調に遅れています 三 (富士見L文庫)

 

女性編集さんと妖怪作家さんのお話の第3弾です。今回はどんな妖怪が出てくるのか楽しみにしていました。

 

いままでのおさらいはこちらから

六道先生の原稿は順調に遅れています1巻 感想

六道先生の原稿は順調に遅れています2巻 感想

 

六道先生の原稿は順調に遅れています3巻 感想

六道先生の異変が!?という感じで始まっておもしろかったです。どうなっちゃうの?って心配しました。まさかそういう決着になろうとはって感じでした。

 

※以下、少しだけネタバレを含む感想です

 

編集さんと作家さんの内なる苦悩みたいなのは、できることなら読者は知りたくなかったなという気もしましたね(笑)

 

 シリーズ終了

一応これでこのシリーズ「六道先生の原稿は順調に遅れています」も終了みたいですね。残念です。また続きが出ることを望んでいます。今度はちょっぴり成長した六道先生と詠見ちゃんとの恋愛物も読んでみたいですね。公私共に素敵なパートナーになっていることを期待しています。

 

 

踊場漂吉さんも素敵なキャラクターだったので彼が活躍するところもみたいですね。今回の最後は彼がかわいそうでしたからね。加賀見さんももうちょっと活躍とか敵対とか素敵な感じで登場して欲しいですね。