*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

Wシリーズ2巻 魔法の色を知っているか? 感想

魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (講談社タイガ)

 

いつか起こってしまうんじゃないかと危惧してしまう近未来な感じのお話です。人間とウォーカロン(ロボット)たちの未来はいかに?そして百年シリーズのことをすっかり忘れているので再読したらまたより深く楽しめるのでしょうか?

 

今までのおさらいと3巻以降の感想はこちらから

Wシリーズ1巻 彼女は一人で歩くのか? 感想

Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか? 感想

Wシリーズ4巻 デボラ、眠っているのか? 感想

Wシリーズ5巻 私たちは生きているのか? 感想

Wシリーズ6巻 青白く輝く月を見たか? 感想

 

Wシリーズとは?

WシリーズのWの意味って何でしょう?「?」ってことなんでしょうか?

 

※以下ネタバレは含まない程度の感想です

 

今回もアクションありで緊迫した空気なのですが、会話の中にある考えさせられる部分が気になっちゃって、SFの話に夢中になってしまって、命の危険っていう感じはしませんでしたね。主人公も危機感が薄いというか、どこか淡々とひょうひょうとした感じですしね。寿命が延びちゃうとそういう感じにみんななってしまうんでしょうか?

 

 

前回の感想でも書きましたが、あの博士さん本当にすごすぎます。あの人の最終目的って何なんでしょう?魔法の色の種類も気になります。続きも楽しみです。

 

関連記事

Wシリーズ3巻 風は青海を渡るのか? 感想

 

プライバシーポリシー