*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

裏染天馬4巻 図書館の殺人 感想

図書館の殺人

 

裏染天馬4巻 図書館の殺人【小説感想】水族館のフリーパスチケットと期末テスト。まず表紙で袴田妹柚乃ちゃんが読んでいる本の題名の「ラジコン刑事」がすごく気になるなぁ。って思って読み始めたら意外に重要でびっくりしました。架空のお話ですよね?他の小説の題名だったり作者名だったりはたぶん実在するんだと思いますけど。

 

 

ダイイングメッセージや謎解きとかひらめきとかすごくよかったです。今回は今までと違って途中で犯人がわかって、その後納得行くまで解説って感じでしたね。犯人が判明した時点で???なんで?どうして?って感じだったのでそれが解明されていくというはよかったんでけどね。でもね、納得はしたけど、もやもや感がはんぱないですよ。あと毎回思うけど、もっと被害者の死を悲しもうよ!!号泣しようよ!!親戚や友人とかもけろりとしていてびっくりするから。

 

 

最後は意味深発言で締めくくられていたので、非常に続きが気になります。恋愛的にもこの先どうなっちゃうの!?って感じになってきました。柚乃ちゃんを応援したいです。次の巻がとても楽しみです。

 

※以下少しだけネタバレを含む感想です。

 

 

途中の柚乃ちゃんと早苗ちゃんの「正妻」のくだりがすごくおもしろかったです。あとは裏染さんが柚乃って言ったりするところもどきどきしてよかったです。お勉強を教えてくれる裏染さんとその時のやりとりも好きですね。柚乃ちゃんとお兄さんのやりとりもいいですね。裏染さんの隠れた特技(才能)も判明しましたね。

 

 

そしてなんとなんと前の巻で粋な計らいだねと感動した私のその感動を返して、裏染天馬ーー!!まさかあれが計画的犯行だと!?そこまで先を見透かしていたのか、お主は!!なんかさわやかでいい人すぎておかしいなとは思っていましたが(笑)見事にしてやられました。そしてだんだんとあの人が小物感漂う人になりさがってしまいましたね(笑)柚乃ちゃんにも気付かれてますし。鏡華ちゃんは自分で雑用係って言うのはいいけど人に言われるのは嫌なのね。彼女なりの姫毬ちゃんに対するいやがらせ的な愛情なのね。

 

 

今回気付けたネタは、図書館館長のくだりはたぶん「名探偵コナン」かな「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「今日からマのつく自由業」「ヘタリア」「容疑者Xの献身」「コードギアス」ぐらいですかね。

 

 

ハウダニットってだれがどこでどうしてどうなった?っていう密室の掟みたいなものでしたっけ?この場合はどうやってだけかな?

 

プライバシーポリシー