*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

3D彼女リアルガールの映画感想「おもしろかった」オタク男子高校生と美少女の笑いあり涙ありの胸キュン恋愛物

『3D彼女 リアルガール』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

 

3D彼女リアルガールの映画を見に行ってきました。原作の恋愛少女漫画のことは全然知りませんでした。題名から勝手に物語を想像して、気持ち悪い感じの恋愛だったらどうしようと、全く期待せずに行きました。ですが想像よりも、はるかによかったです!!オタク男子高校生と美少女の笑いあり涙ありの胸キュン恋愛青春ラブストーリーでした。いい意味で期待を裏切られました!!おもしろかったです!!大人も楽しめましたが、ぜひ高校生や中学生に見てもらいたい恋愛胸きゅんストーリーでした。原作を知らないので、漫画と映画を比べることなく楽しめました。

 

3D彼女 リアルガールの映画感想

少年少女たちはみんなかわいくて、演技も上手で安心して映画を見ることができました。オタ、リア充、二次元、コミュ障とかの用語連発でいまどきの若い子の恋愛だな、青春だなって感じでした。そして食わず嫌いはいけないなと学んだのでした。笑えるギャグシーンあり、泣けるリアスシーンありで、久しぶりにさわやかでピュアな心に触れられたなと気分がいいです。「いろはちゃんにお別れを言いなさい」と「壁ドンからの~」が特に笑えておもしろかったです。自分的なツボでした。

 

※以下、少しだけネタバレを含む感想です。

 

 

原作の少女漫画「3D彼女 リアルガール」の詳細や購入はこちらから

 

いきなりアニメの女の子がしゃべりだした時は、見る映画を間違えたかなと不安になりました(笑)しかしその後はギャグ展開ありから始まって、おもしろかったです。主人公の男の子筒井光くんの素朴さがよかったです。そして主人公演じる佐野勇斗くんの演技が上手でよかったです。ぶつぶつとつぶやくところなんかリアルでよかったです。主人公の家族も味があっておもしろかったです。家族に愛されている主人公でよかったです。ヒロイン五十嵐色葉役の中条あやみちゃんもすごく綺麗でした。

 

 

楽しい高校生活

途中まで彼らが高校何年生かさっぱりわかりませんでしたが、上白石萌歌さん演じる綾戸純恵という後輩の子が出てきて3年生だと判明しました。あと名前もあまり連呼されないので、主人公の名前とかヒロインの名前ってなんだったっけ?と戸惑うこともありました。が、そんなことは気にならないくらい楽しかったです。内容的にはありきたりな展開といえば展開ですが、くすっと笑えるところが沢山あってよかったです。後編は完全なシリアスに突入しちゃうので、もうちょっとみんなで楽しく高校生活を送って欲しかったなとも思います。

 

 

素敵な友達

途中、めがねっ子ーーー余計なことをしないでよって思ったけど、伊藤先輩がいい活躍をしていましたね。最初は主人公の親友ゆうたろうさん演じる伊東悠人くんはかわいくて、なよなよ系だと思っていましたが、いい人だった。最後は男でしたね!!かっこよかったです。そしてちょっと主人公つっつんのO脚が気になっちゃいました。背が高いのにもったいない!!

 

 

美少女

それにしてもヒロインの女の子が本当に美形でしたね。中条あやみさんって言うんですね。初めて見ました。こんな子が学校にいたらそりゃあ目立つなって感じの美少女でした。背も高くて細くて顔もかわいくて、うらやましい限りです。私と同じ人間という生き物なの?天使なの?神様ってなんて不公平なんだろうって思っちゃいました(笑)お友達の恒松祐里さん演じる白石ありささんもかわいかったです。松本まりかさんみたいな感じでキュートでした。あと高校の制服ってすごいなって思っちゃいました。制服マジックですね。制服を着ると誰でも若々しく見えるのかな?後半の大人っぽい服装だと役者さんの本当の年齢がかわかんなくてびっくりしました。正直ハロウィンのシーンは必要かなって思いましたが、ダンスも楽しそうでしたし、まぁかわいいからいいかなって感じですかね。

 

 

よく考えるともやもやするハッピーエンド

そして物語のラストは主人公たちから見るとそりゃあ幸せなハッピーエンドなんですよね。ですが、あの人の立場からみると。あれをこの日にやられちゃうって人生で一番最悪な日ですね。というかわいそいうな目にあっていると思われます。そんなシーンから始まるドラマありましたよね?キムタクと山口智子さんが出ていたドラマでしたっけ?ロンバケを思い出してちょっとかわいそうな気分になっちゃいました。あの演出だけはちょっといただけないです。もうちょっと配慮してくれたら、もっと気分よく映画が見れたのになって感じでした。主人公は他人を思いやれるいい人設定だったのに、最後の最後に他人をわざわざその日に不幸にしなくてもっていう展開でもやもやしちゃいました。