汀こるもの

五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ 平安ロマンチカ 感想

五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ 平安ロマンチカ (メディアワークス文庫)

 

汀こるものさんが描く平安時代のロマンってなんでしょう?と思いながら読み進めていきました。やっぱり一筋縄ではいかない物語でおもしろかったです。平安時代ってこんな時代だったんだなと思うと、おもしろくもありまた不気味でもありましたね。続編が出たらぜひ読みたいです。

五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ 平安ロマンチカ 感想

陰陽師や尼僧の認識が180度変わっちゃうくらいの物語でした。やっぱり汀こるものさんでした。平安時代の物語というよりは、現代の私たちからみる平安時代のお話といった感じで、結構わかりやすいようでもあり、ぶっとんでいるようでもある不思議な感覚でした。

 

※以下、少しだけネタバレを含む感想です

 

慣れるまでは読みづらいなって思っていましたが、いつのまにか無我夢中で読んでましたね(笑)途中は馬鹿ばかしく、最後の方はシリアスでぎょっとする陰陽師や平安の仕組みが解かれて感心したりとおもしろかったです。

 

 

陰陽師の仕組みというかシステムがそういう意味だったから本当怖いですし、そういう仕組みを作り上げたのはすごいですよね。陰陽師はただの公務員でも、派手はファンタジー要素でもなかったですね(笑)

 

 

どのキャラもすごく個性的で、預流ちゃんも明空も阿部靖晶もいい味を出していました。あの賢木中将でさえもいろいろな意味で驚かされてばかりでした。

 

 

癖になる物語

でも最後はあれで終わりなの?なんかあっさしとしすぎていて残念でした。もっと明確な終わりとかオチとかすっきりする何かがが欲しかったですね。というこで続編を期待しています。