城平京

虚構推理 感想

虚構推理 (講談社文庫)

 

虚構推理という題名から勝手にミステリものかと思っていたら、結構ファンタジーでびっくりしました。内容も妖怪物でファンタジーでラノベっぽい漫画っぽい感じでした。私の好きな感じなので楽しく読み進めたいと思います。

 

文庫本で読みました。表紙があっさりしていたので、本格推理物の探偵小説だと思っていました。好きな作家さんの小説は敢えてどんな話なのか、あらすじを見ないで読むタイプなので、うれしい誤算でした。

 

虚構推理はアニメ化も決まってうれしいです。2020年1月放送予定です。でもこれ放送しちゃって大丈夫な内容?と心配になります(笑)でも今からどんな映像に仕上がるのかとても楽しみです。

虚構推理 感想

キャラもいいし、世界観も設定もよかったです。漫画やラノベチックでありながら、理屈とか理論とかもちゃんとしていたミステリでおもしろかったです。でも内容はとってもファンタジーですけどね。個人的には恋愛要素は前の彼女より、琴子ちゃんを応援したいですね。がんばれ。

 

琴子ちゃんがかなりインパクトある設定の子でびっくりしました。「絶対城先輩の妖怪学講座」とか「0能者ミナト」が好きな人は好きだと思う小説でした。妖怪系とか不思議系とかミステリが好きな人におすすめできる小説です。おもしろくてあっという間に読んでしまいました。

 ※以下、少しだけネタバレを含む感想です

 

おもしろかったです。途中から絶園のテンペストを思い出す感じの、屁理屈こねくり回して(褒め言葉)言葉巧みに策を弄して、化け物退治いくところがよかったですね。やっぱり私、こういう感じの物語が好きなんですよね。言葉で論破するではないですが、理路整然として納得しつつ、かみ締めていくようなお話が好きです。

 

絶園のテンペスト

また絶園のテンペストが見たいですね。絶園のテンペストは全くヒロインズには心奪われませんでしたが(笑)話の中身が非常におもしろくて好きだったんですよね。続きがすごく気になって、毎週アニメの放送が楽しみでした。こういう心理戦みたいなので、どうするの?どうやる?えっそんな解決方法でいいの?こんな真相がうまれるの?とかすごく楽しかったんですよね。

 

ちょっとあの物語は疑問に思うところがあったので、そこだけは今でも気になっています。なんで両親まで?巻き添えをくっただけなんでしょうか?あれだけが今でも納得できませんね。かわいそうです。漫画だと違う内容になっているんでしょうか?

 

真実よりも納得できる物語

真実よりも納得できる物語であるかどうか。嘘で世界を元に戻すみたいなお話でしたね。虚構推理という題名はここからきたんですね。でももうちょっと妖怪とか怪異が出てくるとわかる系の題名の方がぱっと見でわかりやすかったかなと思うんですよね。

 

本格探偵推理小説かと思っちゃいましたもん。「雨の日も神様と相撲を」みたいな妖怪系で神様系みたいな繋がりもありましたしね。

 

表紙をもっとかわいくすればいいのに

物語の途中で唐突に気がつきました。表紙のイラストが主人公ではないことに。そして表紙のイラストが主人公の岩永琴子ちゃんではなく鋼人七瀬(こうじんななせ)だと気が付くとびっくりしますね。それにしても鋼人七瀬って強そうな名前が最強ですねインパクトありすぎます。ものすごい怪異ですね。

 

そしてこのイラストどうせならもっと漫画チックにすれば、例のまとめサイトばりのイラストだともっとラノベっぽくてよかったのになって思っちゃいました。小説の題名もこんなお堅いのじゃなくて、妖怪系のミステリってわかる題名だともっとよかったのになって思っちゃいました。なんでこんな硬派で真面目な感じの表にしになっちゃったんでしょうか?

 

鮮やかで手品を見せられているよう

鮮やかで手品を見せられているようで楽しかったんですが、ちょっと気になったのは、彼女七瀬かりんちゃんの死の真相と刑事さんのことはどうするんでしょうか?ということですね。事件は迷宮入りですよね?そこだけがちょっともやもやします。虚構スリの続刊はないんでしょうか?ラスボスも決まっていることですし、ぜひシリーズ化して欲しいですね。

 

続編はないの?漫画バージョンはあるの?

あとは桜川九郎くんと岩永琴子ちゃんとの、いちゃいちゃシーン(?)掛け合い夫婦漫才(?)が見られれば最高ですね。虚構推理の漫画バージョンも発売されているようなので、読んでみようかなと思っています。あっ、そう言えば、そもそも件(くだん)の妖怪と人魚って簡単に手に入るものなんでしょうかね?そこをもう少し詳しく知りたかった気もしますね。