松岡圭祐

高校事変1巻 感想

高校事変 (角川文庫)

 

何が起こっているの知りたくて、一気に読んじゃいました。残虐なシーンが多々ありましたが、物語としてはおもしろく、また考えさせられるものでした。

2巻以降の感想はこちらから
高校事変2巻 感想

高校事変1巻 感想

登場人物の名前や団体名は変えてあるけど、あの人のことだよね?とかあの事件のことだよね?って容易に想像することができる内容とかが書いてあって大丈夫なのかなって思っちゃいました。フィクションだからいいのかな?

※以下、少しだけネタバレを含む内容です

 

優莉結衣ちゃんがいなかったら、どうなっていたんでしょうか。結衣ちゃんがかっこよすぎます。本当にこれで高校生ですか?女の子ですか?

 

 

内容の描写が

そして意外に内容がグロくてびっくりです。同じ作者松岡圭祐さんの「探偵の探偵」よりちょっと気持ち悪いかもです。そして何が起こっているのかわからず、怖いです。急にこんなことが起こったらどうしたらいいか、どう立ち向かったらいいのかわからない。

 

 

そもそも何が起こっているかわからないし、生き残れる気がしない…自分だったら絶対生き残れない、でも助かりたいって思っちゃいますね。

 

 

事件の黒幕と真相

事件の真相や黒幕にびっくりです。巻き込まれた高校生たちが、かわいそうでなりません。結衣ちゃんの本性にもびっくりです。そして続編が出るんでしょうか?最後に結衣ちゃんが気になったニュース関連で何か事件が起きそうですよね。と思ったらもう2巻が出ていたんですね。これから読みたいと思います。

 

 

結衣ちゃんが錦織さんとタッグを組んで、がんばって欲しかったなぁという気持ちもあります。最強コンビになると思うんですけどね。この2人は。

関連記事
高校事変2巻 感想