*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

とある飛空士への誓約 2巻 感想

とある飛空士への誓約〈2〉 (ガガガ文庫)

 

とてもおもしろかったです。そうきましたか。そして続きがとっても気になる終わり方でした。

 

ミスリードで小気味よくだまされるのって大好きです。そのしてやられた感が好きです。そういう感覚が大好きなのでミステリーとか推理物って好きなんですよね。物語の先を予想しながら読むけど、それがいい意味で裏切られるというこの感じ。たまらなく好きです。この場合は騙されていた方が楽しめるんですよね。変に途中で気づいてしまったら、自分の予想的には当たったって喜べるんですけど、物語的には騙されたほうが楽しかったのにという悔しさも感じてしまいます(笑)なんとも難しい感情です。

 

 

ハチドリの正体はわかったんですが…ということで今回はその両方の感情が楽しめました(笑)


この先どうなってしまうんでしょうか。すごく気になります。

 

関連記事

とある飛空士への誓約 1巻 感想

とある飛空士への誓約 3巻 感想

 

プライバシーポリシー