*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期6話・掠風竊塵(りょうふうせつじん)の名が囁かれる

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 4(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

今週もサンダーボルトファンタジー東離劍遊紀のお時間がきましたね。「毒手の誇り」という今回の題名から、女性の敵さんが主役のお話かなと思います。そしてもしかして彼女の最期とかなんでしょうか?今回もどんなかわいい小道具が出てくるんでしょうか?楽しみです。

 

今までのおさらいと7話以降の感想はこちらから

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】1期1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期2話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期3話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期4話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期5話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期7話

 

東離劍遊紀2第6話 毒手の誇り 感想

今回も素敵に風が吹いてきて、髪が芸術的になびきます。一瞬で解毒できちゃう、丸薬がすごすぎますね。「きちょう」さんって何者?青髪さんにいろんな罪を着せられちゃってる「しょふかん」さん。あっちの国でもこっちの国でもお尋ね者にされちゃってますね。でもそんなことは、もろともしない「しょうふかん」さんがかっこいいですね。それで逃げ回ってる臆病者だと青髪さんは思っていたのにね。でも本当に「しょうふかん」さんはそんなことを気に病んだりするタイプには見えませんね。強靭な心の持ち主というか、自分の道を行く一匹狼的な存在だと思っています。周囲に反対されようと自分の信念を成し遂げる人だと思っています。

 

 

息を飲む鍔迫り合い

剣を飛ばして華麗に受け取る青髪さん。宙に飛んだりするお人形さん。このお人形さんってどうやって動かしているんでしょうか?糸とかついてて数人で操るものかと思っていたんですが、違うんでしょうか?ってそもそもどれぐらいのサイズのお人形さんなんでしょうか?人間と同じぐらいの等身大ですか?リカちゃん人形サイズですか?相変わらず戦闘シーンがかっこいいですね。あと結構爆破シーンがありますね。

 

 

極悪非道な悪役

青髪さん!?あんたって人は!!ひどいわ!!仲間割れよ!!女性の敵さんを背後から襲って魔剣を奪うなんてなんて外道!!「しょうふかん」さんもびっくりな悪逆非道ぶりですよ。「もずきのよ」という魔剣を奪った青髪さんですけど、自分では使わないみたいですね。この剣もデザインが凝っていて、綺麗でかっこいいです。やっぱりミニュチャー剣シリーズとか発売されないかなぁ。集めるのが楽しそうです。

 

 

うさんくさい「きちょう」さん

うさんくさい棒読みの台詞(笑)とともに緊張感なく「きちょう」さんが登場です。こんなに早く再登場するとは思ってもみませんでしたね。戸惑っている「しょうふかん」さん。でも「きちょう」さんの登場を頼もしいと感動する青髪さん。君、きっと後ろか刺されるよ?青髪さんは「りょうふうせつじん」の新しい獲物なんですね。

 

 

「きちょう」さんは説明的台詞で「しょうふかん」さんにヒントを出しているのかな?と思っていたら、あからさまに合図を送ってきましたね。以心伝心できない「しょうふかん」さん(笑)「きちょう」さんに目をつけられた青髪さんは、ほうっておいても大丈夫という結論を下す「しょうふかん」さん。むしろ悪魔に目をつけられて、ご愁傷様って感じなのかもしれませんね。青髪さんに同情しちゃってる?

 

 

意外に逃げ足がはやい彼女

女性の敵さんを救おうとする「しょうふかん」さんがいい人で安心します。ってまだ赤髪さんは彼女に追いついていないのね。で、ここで大仏ヘアさんが登場したりするのかな?と期待してみます。と思っていたら、まさかの魔剣に魅入られるのか!?今後はどういう展開になるんでしょうか?打ちひしがれる女性の敵さん。猊下をお慕い申し上げている的展開なんでしょうか?でも大仏ヘアさんも捨てがたいです。

 

 

 

怪我人になかなか追いつけない赤髪さんって?あんなにすごくはやく走っているのに。とここで赤髪さんと大仏ヘアさんのご対面です。墓地にあやしく風が吹き荒れます。「しょうふかん」さもんも追いつきましたよ。「坊さんよ」と大仏ヘアさんに声をかける「しょうふかん」さん。この世界ではお坊さんの衣装ってあれが正装なのかもしれないですね。ぱっと見でわかっちゃうんですね。ヘビメタロックとかビジュアル系バンドの衣装ではないということですね(笑)楽器さんがするど考察ができちゃってすごいですね。

 

 

りょうが、変形

突然、戦いをしかける赤髪さん。「りょうが、変形」って前回よりも適当に台詞を言ってませんか!?(笑)おざなり?なおざり?いっつも使い方がわかんなくなっちゃいます。ってどうしたの赤髪さん?なんで急に好戦的になっちゃったの?人間にいろいろ説明できちゃう楽器さんがすごいですね。教えを説けちゃうなんて賢すぎますね。お坊さんよりすごいんじゃないのか?「しょうふかん」さんの頭を抱える仕草とか素敵ですね。まぶたを閉じるとか細かい仕草の演出もすごいですね。それだけで人形に魂が吹き込まれたみたいに表情が出ますよね。

 

 

掠風竊塵(りょうふうせつじん)

「りょうふうせつじん」が気になる青髪さん。というかそれを聞いて尋常じゃないほど汗をかいているこのおじいちゃん(首領?名前忘れちゃった)にびっくりします。「りょうふうせつじん」ってそんなに恐怖の対象でしたっけ?泣く子も黙る泥棒さん(怪盗?)でしたっけ?「きちょう」さんの二つ名でしたよね。彼の正体もばれちゃうのかな?それとも「りょうふうせつじん」イコール「きちょう」さんには繋がらないのかな?東離劍遊紀サンダーボルトファンタジーの次回も楽しみです。

 

関連記事

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期7話