*■花梨ごブログ■*

★読書好き(ミステリー、ラノベ中心) ★ゲーム好き(主にRPG) ★書評やレビュー等好きなことを好きなだけ綴っていく雑記ブログです。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期3話・あの個性的な髪型の人が登場。しかも声があの人だった!!

Thunderbolt Fantasy 生死一劍(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

最近、1週間が経つのがあっという間でびっくりします。今週も楽しみにしていた東離劍遊紀の始まりです。オープニングに映っている剣は、全部で35振りあるんでしょうか?今回はどんな展開になるんでしょうか?私が気になっているあの髪型の人は登場するんでしょうか?楽しみです。

 

今までのおさらいと4話以降の感想はこちらから

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】1期1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期2話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期4話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期5話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期6話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期7話

 

東離劍遊紀2第3話 蝕心毒姫 感想

それにしてもThunderbolt Fantasy 東離劍遊紀の登場人物の名前は、漢字変換が素直にできなくて辛いですね。ということで、登場人物のみなさんは、あだ名かひらがな表記で書いちゃいます。それに普段なじみのない響きは覚えにくいですよね。

 

 

恐ろしい子!!

戦う赤髪さんと楽器さん。アクションの動きが速くて目が追いつきません。楽器が壊れないか心配です。楽器の取り扱いはもっと繊細にと言いたくなっちゃいます。女性の敵さんと青髪さんは知り合いなんでしょうか?2人とも「しょうふかん」さんを追っていますね。取り合うつもりですね。私を取り合って争わないで!!少女漫画のヒロインのようです(笑)

 

 

青髪さんは魔剣目録の存在も知っているのね。腰に佩いている剣が、ちゃんと鞘から抜ける仕様になっていて、かっこいいですね。芸が細かくて好きです。剣の形もおもしろいですね。そしてちょっと怖い演出です。しかも他人の所為にしちゃったよ、この人!!罪を「しょうふかん」さんに押し付けちゃうなんて、なんて恐ろしい子!!そしてまた素敵な抑揚がついた謎の漢詩が呟かれます!!

 

 

「しょうふかん」さんが悪者だという青髪さん。でも青髪さんの戯言に「きちょう」さんが惑わされることはないぜ!!と信じさせてくださいね。そして最後は「きちょう」さんが青髪さんを懲らしめちゃってくださいね。青髪さんはめちゃめちゃ悪そうな顔というか「歯」ですね(笑)「きちょう」さんのお目目の方が、青髪さんよりまつ毛がぱっちりなんですね。まぶたを閉じる演出も美しいです。

 

 

魔剣は魔剣

剣の小さいオブジェとか欲しいですね。コンプリートしたくなっちゃいます。お人形さんのミニチュアとかキーホルダーも欲しいですね。もう1つの精神を操る魔剣。みんなの反応から恐ろしい剣であろうことが想像されます。毒が回って立てない「しょうふかん」さん。

 

 

もずきのよ?って何?と思ったら、女性の敵さんが奪って使っている魔剣の名前みたいですね。どんな漢字を書くんでしょうか?そして女性の敵さんを誘惑する魔剣が再び登場です。こわいですね。七殺天凌(ななさつてんりょう)という名前の剣なんですね。そして彼女(?)はしゃべります。あらがって!!女性の適さん!!彼女が誘惑を拒めて安心しました。簡単に乗っ取られないでね。敵さんといえ、そこは応援しちゃいます。魔剣は全部、名前がついているんでしょうか?そこら辺も楽しみです。

 

 

碧樞(へきすう)・祐清(ゆうせい)

おじいちゃんの眉間の皺が気になります。目の下の隈も怖いです。そして碧樞(へきすう)さんという美形さんが登場です。また漢字変換が簡単にできなくて、もどかしいです…なんと下膨れ部下さん登場です!!生きてたんだね、この人。そしてまた出番があるなんて思わなかったのでとても驚いています。

 

 

荒れてしまった市場。壷とかの小物がまたかわいいですね。祐清(ゆうせい)さんという字幕が出てきました。ん?さっきの碧樞(へきすう)とは違う人なんですか?同じ人に見えるんですが…この人は護印師(ごいんし)なんですね。ということは「たんひ」ちゃんと同じですか?ん?ちょっと待って、鍛劍祠(たんけんし)とはまた別物なんですか???よくわかんなくなってきました。気になって1期を見直してみたら「たんひ」ちゃんが自己紹介で「鍛劍祠の護印師」って名乗っていました。「鍛劍祠」と「護印師」って厳密にどう違うんでしょうか?気になります。

 

 

諦空(ていくう)

市場のおじいちゃんが光輝いています。気功みたいなのを操っている人がいますね。ってあの人だ!!あの素敵な(変な)髪型の人だ!!この人は敵?味方?楽しみです。ちょっとその佇まいとビジュアルから想像していた声と違って低かったですが、石田彰さんなら許そう(笑)諦空(ていくう)さんというお名前だということが判明しました。顔色が悪いお人形さんですね(笑)あの髪についている赤い房のようなアクセサリーが揺れるのがおしゃれですね。衣装もゴテゴテでいい感じです。鎖の服の装飾品?

 

 

手に数珠を持っているからお坊さん???きつくて涼しげな目元がかっこいいです。「坊様」っておじいちゃんが言っているので本当にお坊さんなんですね。じゃああの大仏っぽい髪型でもOKってことですね(笑)むしろありがたみが増すんでしょうか?お金ももらわず、毒虫の毒を癒して去って行く、かっこいいです。やっぱりあの技は気功だったみたいです。手に包帯を巻いてますね。なにかの伏線だったりします?その後の展開を楽しみにしています。

 

 

あの衣装はお坊さんの袈裟だった!?

同じ人形が2つある!!(微妙に違う?眉間の皺と輪郭?肌の色?)碧樞(へきすう)さんと祐清(ゆうせい)さんは別人だったみたいですね。双子さん?結構きつい物言いの大仏ヘアさん。あの鎖ゴテゴテの衣装はお坊さんの袈裟だったの!?この世界のお坊さんは、みんなあれを着ているの?ヘヴィーメタルの世界???渦巻きヘアの後ろは長髪なのね!!ポニーテール?三つ編み?もっとよく後姿を見たいですね。

 

 

毒を消さずに陽の気を注ぎ込む。ということは陰の気は彼の体に吸い込まれているのですね。結構無茶をする人でしたね。いい人っぽいです。このお人形は目の動きがとても綺麗ですね。

 

 

満を持してヒーロー登場

洞窟で傷を癒す「しょうふかん」さん。洞窟の木のツタとか細かい背景まで気を使っていて美しいです。まさかのここで華麗にあの人が登場です!!びっくりしました。満を持しての「きちょう」さんの登場です。やっぱりこの2人の間柄を表現するには、「友達」という括りでよさそうですね。「しょうふかん」さんは嫌がりそうですけどね(笑)

 

 

「しょうふかん」さんに、頼ってもらいたい「きちょう」さん、だと思うとかわいいですね。でも「しょうふかん」さんは「きちょう」さんにだけは借りを作りたくないとか言っちゃうんでしょうか?今後の展開が楽しみでなりません。というわけで再会を果たした2人。ここで次回へ続くですね。来週も楽しみですね。開口一番この2人の会話はどんなものが展開されるんでしょうか?次回予告のゾンビみたいなお人形さんが、めちゃめちゃリアルで怖いです。あの人形は欲しくないぞ(笑)

 

関連記事

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期4話