アニメ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期4話・まさかのあいつが変形した!!

Thunderbolt Fantasy 生死一劍

 

今週もサンダーボルトファンタジーのお時間がやってまいりました。前回やっと主役の2人が出会った!!っていうところで終わっていたので続きを楽しみにしていました。この2人はわざと二手に分かれて情報収集とかしてたのかなって勝手に思っていたんですが、私の予想は当たっているんでしょうか?楽しみです。

 

今までのおさらいと5話以降の感想はこちらから

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】1期1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期2話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期3話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期5話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期6話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期7話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期8話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期9話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期10話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期11話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期12話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期13話最終話

 

東離劍遊紀2第4話 親近敵人 感想

「きちょう」さんに人の世の習いを説かれる「しょうふかん」さん。早速赤髪さんに敵認定される(?)「きちょう」さん。「どこのどいつが友だって!?」とやっぱり友達呼ばわりに難色を示す「しょうふかん」さん。散々利用した人間を友だんなんて言っちゃう「きちょう」さんはジャイアン気質があると思います(笑)でもきっと心の底ではお友達が欲しい寂しがり屋さんなんだよねって思っていますよ。「しょうふかん」さんを心の友だって言いたいんですよね。

 

 

友達?付きまとい?

私の予想は外れましたね。二手に分かれたんじゃなくて、普通に別行動してたんですね。追い掛け回されなくてよかたっと安心してた「しょうふかん」さん。「しょうふかん」さんに会いたいがためにスパイする「きちょう」さん。ある意味すごいわ。

 

 

腹話術ではなく付喪神系

楽器さんは付喪神の類だったんですね。腹話術じゃなかったのがちょっと残念です(笑)「きちょう」さんは天邪鬼でツンデレさんですね。龍の片腕をもいじゃうなんて「しょうふかん」さん、最強だね。食人族の村の仕業も「しょうふかん」さんの所為なのね。っていうか「しょうかん」さんの所為で西と東の行き来がしやすくなったんですね。

 

 

お仕事道具

楽器さんの口が動いているのがかわいいなぁ。解毒するのにちゃんと毒を解析する「きちょう」さん。「きちょう」さんのお仕事道具一式がかわいいです。ってどこにどうやって持ってたんだろう???竜の角が必要になる御一行様。それでオープニングに竜がいたのねと納得です。本当に片方の翼がもげてますね。

 

 

敵さん同盟結成

植物もかわいいなぁ。めいこうげいか?招集の狼煙「かせいめいこう」の符丁を知っている青髪さん。って「かせいめいこう」って何?西の国の王様?じゃなくて女性の敵さんの一味の親分ってこと?猊下ってこの猊下?ずっと下に字幕があるといいのになぁって思っちゃいますね。青髪さんは宮廷直属のしゅうさつし(これまたどんな漢字か気になりますね)今回もあらたな単語が続出です。解説して欲しいですね。けいぶ?って刑部?

 

 

青髪さんは魔剣目録が欲しいわけじゃないんですね。西側にありさえすればいいのだということみたいですね。でも青髪さんは「しょうふかん」さんの首が欲しいんですね。かせいめいこう+女性の敵、帝+青髪さんという勢力なのですね。手を組むことになった女性の敵さんと青髪さん。法の番人と呼ばれた青髪さん。何を企んでいるんでしょうね。彼は全く善人には見えません。

 

 

ホネホネロック

ホネホネロックみたいなのに運ばれる「きちょう」さんと赤髪さん。1期の時にもこれに乗ってましたっけ?っていうか乗るというかぶら下がっているというか、捉まっている?そういえば、「みよく」って名前でしたね。また漢字がわかりません。初めてにしては乗りこなせていると「きちょう」さんに褒められる赤髪さん。「きちょう」さん曰くどうやら懐くと、かわいい骨さんのようです。そして普通は野生のようですね。ってあの骨のエサとなる食糧調達って、あの子たちは何を食べるの???そして獰猛なのね、ホネホネさん。

 

 

まさかのポーズ

竜の角を求め、きぼつの地(これもどんな漢字?)やってきた2人と1楽器「しょうかん」さんも一緒に来ちゃうかと思いましたが、流石にお留守番で安心しました。「きちょう」さんは「しょうふかん」さんにご執心ですね。ってそのポーズ!!なんかすごいかわいこぶちゃってますね。何か裏がありそうで怖いです。

 

 

楽器が変形して剣になった!!

ここでゾンビーズ登場です!!目が緑に光った!!ここでかっこよく戦闘開始です。また例のごとく振り回せれる楽器さん。かと思いきや、まさかの変形した!!トランスフォーマー的な仮面ライダー的な何かなのだろうか。本当の武器になった!!びっくり!!かっこいい!あのおもちゃが欲しい!!「きちょう」さんは高みの見物です。上から目線です。さすがジャイアン気質。目が妖しく赤く光る「きちょう」さん。彼は目が赤かったっけ?そしてちょっと本気出しちゃった「きちょう」さん。

 

 

大仏ヘアさんたちのその後はどうなるの?

女性の敵さんと大仏ヘアさんが接触です。大仏ヘアさんは「しょうふかん」さんたちと出会うのかと思っていたのでびっくりです。こういう展開なんですね。彼は行脚僧なんですね。女性の敵さんが改心したりするんでしょうか?楽しみです。そしてなんだかんだで強い大仏ヘアさん。

 

 

鬼鳥?凛雪鴉?

そういえば「鬼鳥(きちょう)」さんってエンディングのクレジットとのところでは「凛雪鴉(りんせつあ)」って書いてあるんですよね。気になって1期にも見直してみたら、なんとエンディングの声優さんのお名前部分のところだけじゃなくて、オープニングの映像のところにも「りんせつあ」って書いてあってびっくりしました。オープニングに登場人物の名前が書いてあったことに、今初めて気が付いてかなりの衝撃を受けています(笑)全く漢字が目に入っていなかったのか、見慣れない感じを名前だと認識できていなかったのか、自分の脳みそにびっくりですよ。2年後の真実発見でした。

 

関連記事

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀【人形劇感想】2期5話